青林は、岩手県西磐井郡花泉町(現・一関市)において、1976年に、レッドゴールドの自由交雑実生から、小山田博、井上通夫、藁谷政男の三氏により選別・育成されたりんごです。
 ただし、近年、遺伝子分析の結果、花粉親がふじであろうと考えられています
(文献)
 果皮の着色は王林に類似してますが、大きさは320g前後の中程度で、育成地において、10月下旬から11月上旬に成熟する晩生種です。
 果実の外観は扁円のものが多いですが、円形に近いものもあります。王冠は弱く、萼は閉じていて、萼窪(がくあ
:萼付近の窪み)、梗窪(こうあ:果梗付近の窪み)とも深くて広く、果皮の地色は黄緑、果皮を被う色は淡赤色。縞ははっきりせず、さびはあまり見られません。果皮の光沢及びろう質物は中程度です。果梗は短く、太さは中程度、肉梗はありません。
 果肉の色は黄白、蜜がやや入ります。甘味は高く、酸味は弱く、渋味はありません。特有の芳香と濃厚な甘みがあり、しゃきしゃきと歯ごたえ感があります。果汁の多い果実です。早期落果及び後期落果はあまり見られないとのことです。貯蔵性はやや長いと思います。
 レッドゴールドと比較して、
果皮を被う色が全くちがうこと、さびの量が少ないこと、成熟期が遅いこと等で、王林と比較して、果実の外観が扁円であること、果点の大きさが小さいこと等で、ゴールデンデリシャスと比較して、果実の外観が扁円であること、果実の大きさが小さいこと、果皮を被う色が赤であること等で区別できます。1990(平成2)年10月の品種登録です。弘前市の販売店から、通信販売で購入しました

 (文献)  森谷茂樹、岩波宏、岡田和馬、山本俊哉、阿部和幸  2015/02/20 農研機構
     
SSRマーカーによる栽培および台木用リンゴ品種の判別と親子鑑定
https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/fruit/2011/142e0_10_10.html