青竜 White Pippin はアメリカ原産で、1848(嘉永元)年には、その記録がありますが、両親は不明です。重さは350〜470g の扁円〜円形で比較的大きく、どっしりした感じで、果汁が多く、甘酸適和の美味しいりんごです。果色は緑黄色の地色に少し淡褐赤色が入り、萼は開いています。
 わが国へは、1871(明治4)年に開拓使(
明治2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁)によって導入されました。
 導入当初の原名では普及せず、いろいろな地方名で呼ばれて混乱していましたので、1900(明治33)年に、全国共通の名称として青竜に統一されました。中生〜晩生の品種です。
 果実は板柳町ふるさとセンターから頂きました。