世界一は、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)が、1930(昭和5)年、デリシャスゴールデン デリシャスを交配した実生3個体の中の一つの個体で、1946(昭和21)年に初結実し、1951(昭和26)年に最初の選抜をしました。 
 この品種の特性をさらに詳しく調査する予定でしたが、試験場の育種圃場が狭いこと、選抜を早めるためなどの理由から、1958(昭和32)年から穂木を配布して試作を一般農家に委託することにしました。
 多くの人が依頼を受けましたが、弘前市のりんご栽培家對馬竹五郎氏(元青森県りんご育種同好会長)の園で最初に結実をしました。その果実が極めて大きかったので、對馬氏が「世界一大きいりんごだ」と宣伝したことから、それがそのまま本品種のデビュー及び命名のきっかけになりました。品種登録はしていません。10月下旬には完全に熟します。しかし、大きくて見栄えがするので、早めに収穫したものが店頭にでることが多く、未熟なものは長く保存できるのですが味も食感も感心しません。冷蔵での貯蔵性は大玉で年内、中玉で2〜3月頃までです。
 果形は円〜円錐形で玉揃いは良好。果実は大きく、350〜800gですが、大きいものでは1kgを超えるものもあります。見てビックリです。紅玉をそばに置きましたので、その大きさを比較して下さい。
 適期に収穫されたものは、デリシャスに似た香りがあり、果汁が多く、糖度も高く、食味も結構良いりんごです。 花弁に少し紅をさす美しい花を咲かせます。二倍体品種ですが、樹勢が旺盛で、果実も葉も大きいりんごです。

 このリンゴは、結実が遅い、不受精、ジューンドロップ、サビ及び後期の落果が多く、色も悪いなど欠点も多いということで、当初は交配親とするため、試験場内に系統保存するという考えもありました。しかし、果実の大きさ、光沢の特異性などから評判を呼び、価格が次第に上昇し、産地市場で1971(昭和46)年には史上最高の1箱(25個入り)38,000円にも跳ね上がりました。

 青森県では1972(昭和47)年に試作品種としてとりあげ、1973〜1976年の4ヵ年にわたって増殖検討品種に格上げ、さらに1977〜1978年に現状維持品種として普及を図りました。1974(昭和49)年、青り4号として発表しています。

 
 遮光性の袋を果実に被せておくと、白い果実ができます。果実が熟してから、袋を少し破いて光を当て、一部を赤く着色した果実を「三日月」または「メッシュ」といいます。金星でよくみられますが、別の品種でも時々目にすることができます。
 世界一の「三日月」が売られていましたので、2005年10月13日に購入しました。面白いので掲載しました。
 図の説明に「世界一の三日月」とありますが、世界一大きい三日月という意味ではありません。


〈文献〉 りんご世界一について 山田ほか 青森県りんご試験場報告 第25号(1989)