千秋は、1966(昭和41)年、秋田県果樹試験場(現・秋田県農業水産技術センター果樹試験場)で、東光ふじを交配して得られたりんごです。1978(昭和53)年に秋田県知事が千秋と名づけ、1980(昭和55)年の登録されました。
 秋田市千秋公園にちなんで命名されたとも、秋田の「秋」に久しくの意味を持つ「千」を冠したものでもあるともいわれます。10月上旬には熟します。収穫後の貯蔵は常温で20〜30日、冷蔵で3ヶ月程度とのことです。
 
 濃い縞模様のある紅色で、果皮がうすく、収穫前に裂果しやすく、また長雨で痛みやすいので、生育期 間には、下の写真のように袋をかけて果実を保護しますが、遮光による食味の低下を防ぐため、半透明の袋を使用することがあります。
 大きさは300g程度、果形は円形〜長円錐形。甘味と酸味の調和がとれた濃厚な味がします。
 上の写真にあるように、萼側の窪みに放射状に10条の線状の凸部があります。
 
秋映かんき未希ライフシナノゴールド秋陽などの親です。