Rome Beauty( 芹川 ) は、アメリカ Ohio 州 Lawrence County で、皆に知られるようになったりんごです。
 1817年、Joel Gillet 氏(名前のスペルが、子孫によってGillett またはGilletteと変わっている)は、船で運ばれてきた苗木屋からの積み荷のなかで、1 本だけ生き残っていたリンゴ苗木を見つけました。彼はそれを、子息のAlanson Gillet 氏に与えます。Alanson Gillet 氏は、この苗木を、Ohio 河の土手に植えました。数年後、この樹が、赤くて、立派で、しかも美味しい果実をつけるようになります。
 Alanson Gillet 氏の従兄弟の Haratio Nelson 氏 と H.N.Gillett 氏 によって、この樹の接ぎ木苗が、Gillett's Seedling として売り出されました。
 やがて、このりんごの優秀さが評判を呼び、1832年に、 Rome Beautyと命名され、各地に伝えられて行くことになります。原木は、1850年頃までは元気でしたが、植えられていた土手がOhio河に浸食されて、失われたしまいました(文献1)

 日本には、1871(明治4)年に開拓使によってアメリカから導入されました。この試植苗を受け取って植えたのが、旧弘前藩士の芹川高正氏です。やがて高正氏の長男・得一氏がその仕事を引き継ぎ、栽培に成功しましたので、津軽地方では芹川と呼ばれるようになりました。その後、日本各地でも栽培され、いろいろな名称で呼ばれるようになり、混乱が生じてきましたので、1900(明治33)年に芹川という品種名に統一されたということです。しかし、芹川得一氏は後に、政財界に進出します。
(文献2)
 この品種は、アメリカ、カナダ、フランス、イタリアなどでは今でも主要品種として広く栽培され続けています。日本では、芹川という名前では、流通市場から姿を消してしまいましたが、まだ、ローマビューティとかローマりんごまたは原語に近い読みのロウムビューティなどとして、ホームページに登場します。
 500g を超えるものもありますが、普通は250 〜400g 程度の、円形で、淡黄色〜オレンジ色の地色に紅縞が入り、上の写真のような赤い果実を付けます。肉質は、ジョナゴールド陸奥を合わせたようで良質です。糖度は、12%とそんなに高くありませんが、さわやかな酸味があり、甘酸適和のおいしいりんごです。収穫期は10月中旬でしょうか。
 熱を加えても形が崩れないし、酸味も十分なので、料理用のりんごとしても優れています。果実は青森県りんご研究所からいただきました。


 (文献)  1 Rome apple http://en.wikipedia.org/wiki/Rome_apple 
   2  青森市ホームページ あおもり今・昔 芹川得一氏とその時代
http://www.city.aomori.aomori.jp/contents
/imamukashi/aomori_imamukashi/im069.html