シナノドルチェは、1983(昭和58)年に長野県果樹試験場において、ゴールデンデリシャス千秋を交配し、その実生中から選抜・育成され、2005(平成17)年に品種登録されました。既存のりんご栽培地域ならどこでも栽培できるが、温暖な地域では着色がやや困難であるとのことです。 
 当時の長野県知事田中康夫氏が名付け親で、シナノドルチェの「シナノ」とはご存知のとおり、古き長野県の呼称「信濃」から、そしてドルチェ(dolce)はイタリア語でデザートなど甘いもののことで、長野県限定品種です。長野県の業者から通信販売で購入しました。
 成熟期はつがるより遅く、シナノスイート秋映よりも早い、9月中旬から下旬です。果実は300〜400gと大きく赤くて明瞭な縞があります。果肉の硬さは中程度、果肉のきめはやや粗ですが、糖度と酸味のバランスが取れ、香りがよく、果汁の量が多い、美味しいりんごです。いろいろな方に試食してもらいましたが、甘くて美味しいと大好評でした。