シナノゴールドは、1983(昭和58)年に長野県果樹試験場においてゴールデンデリシャス千秋を交配し、翌年その種子を播き、1990(平成2)年に選抜、以後、特性の調査を行いながら増殖を行い、1995(平成7)年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したものです。1999(平成11)年に品種登録しました。この品種は、寒冷地では酸抜けが遅く、温暖地に適するものといわれていますが、2003(平成15)年11月9日に三戸町道の駅で購入したものは完熟しており、糖度は16%に達し、甘酸適和でした。青森県内でも11月はじめまでには熟すことができるりんごです。保存性も十分で、翌春まで容易に食味を保つことができるということです。
 果肉は淡黄色で、香りがあり多汁で、きめは中位で口当たりがよく、蜜はあまり見られません。十分な酸があるので、まだ糖が十分に作られていない 未熟な果実は相当に酸っぱいものですが、完熟果は美味しいりんごです。