新世界は、群馬県農業技術センター中山間地園芸研究センター(旧 群馬県農業総合試験場北部分場 沼田市)で、ふじあかぎを交配し、その実生を育成・選抜したりんごで、品種登録は1988(昭和63)年。職務育成品種であるので、県知事の意向に沿って命名したということです。収穫期は10月下旬。 
 果実は円形〜長円形、大きさは300〜400gの大玉で、黄緑色地に濃鮮紅色に着色し、縞がはっきりします。着色は早く、きわめて優れています。きれいなりんごですが、未熟状態でも着色しているので、熟する前に収穫され易くなります。未熟果は肉質が粗雑で渋味を呈します。果肉は黄白色で、肉質良好です。糖度は15%前後、酸度は0.3%前後で、果汁が多く、濃厚な食味を有します。上の果実断面の写真には見られませんが、、完熟すると果肉内に蜜を多く発生し、芳香があります。