静香は、ゴールデンデリシャス印度を交配し、育成・選抜された品種。1986(昭和61)年に登録。
 登録者は山形県の種苗会社、育成者は青森県三戸郡五戸町の村上恒雄氏。
 この品種は、村上氏が自園の
ゴールデンデリシャス印度を1969(昭和44)年に交配し、得られた交雑実生の中から生育旺盛な10本を選抜し育成していたところ、その中の1本が特に葉が大きかったので、これを1974(昭和49)年に高接ぎし、1977(昭和52)年に初結実し、有望と思われたので特性の調査を行なうとともに、さらに1979(昭和54)年に高接ぎ増殖し特性が同一であることを確認しました。青森県では10月下旬に成熟します。北側の廊下に放置しておいたものが、12月中旬でも食べられました。
 大型の黄緑〜黄色の果実で、陽光面は淡い赤色を呈します。果汁が多く、甘味も強く、酸味は弱く、食味のよいりんごです。
 五戸町の生産者が、陸奥のように着色できないかと有袋栽培による着色を試みましたが、きれいな赤いりんごにはならなかったそうですが、赤い色にはなりました。赤い静香を店頭に並べられても、ラベルが貼っていないと静香だとは気がつきません。別品種に見えます。五戸町の農産物直売所で販売されていました。記録として上の写真に掲載しました。