スリムレッドは、群馬県農業技術センター中山間地園芸研究センター(旧 群馬県園芸試験場北部試験地 沼田市)で、1971(昭和46)年にふじあかぎを交配し、その実生から育成・選抜されたりんごで、1995(平成 7 )年の品種登録です。
 育成地において10月下旬〜11月上旬に成熟する中晩生品種。群馬県内で観光リンゴ園での直売用品種として活用されているとのことです。
 果実の重さで、大きいもので250g、小さいもので120g程度です。果形はユニークな円筒形で、果皮は縞が明瞭な鮮紅色に着色し、サビはあまり見られません。入手した果実では糖度は約14.8%ありました。酸も適度で食味は良好です。
 果汁は多く、歯ざわり・舌触りはふじに似ています。貯蔵性に優れ、生理落果や心カビの発生もなく、短果枝の着生が良く、隔年結果も少ない。斑点落葉病に耐病性であるということです。
 大きさといい、形といい、小さくて可愛くて、驚きます。食後やおやつに、1 個無理なく食べられます。見た目がいいだけではありません。味も結構です。友人に味わってもらいましたが好評でした。大きさも気にいられました。
 昔、青森県で王鈴という200g程度で円筒形の黄色な小さいリンゴが売られていました。味はかなりよかったのですが、見かけの立派な大きいリンゴがよく売れるためでしょうか、いまでは見られなくなりました。このスリムレッドと組み合わせれば、面白いと思いました。これはリンゴの素人の戯言です。

 写真のうち、小さいのが長野県の生産者から、通信販売で購入しました。大きいのは青森県りんご試験場からいただきました。