ソーニァ Sonya は、このリンゴの商標名で、品種名はネブソンNevsonです。ロイヤルガラレッドデリシャスの交配の結果生じたもので、ニュージーランドのセントラル・オタゴの高地で育成されたリンゴです。
 交配は、ニュージーランドのアレクサンドラで1983年に行われ、1987年には選抜が行われました。
 2000年には、ニュージーランドの会社Nevis Fruit companyが、Sonyaという商標名で国際的なクラブ制を展開。アメリカの特許を取得、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、ヨーロッパ各国で生産・販売を始めたもので、日本にも輸入され、ソニアまたはソーニアの名で、通信販売などで容易に入手できるようになりました
(2013年9月11日記入)
 果肉は淡黄色で、果汁が多く、香りもよく、糖度14%以上で、甘味強く、口当たりがよく、酸味がやや少ないが、甘酸適和で食味良好です。完熟したものは、適当に歯ごたえがあり、しかも歯ざわりが滑らかできめが細かく、口中にかすが残ることはありません。肉質は種子親のガラに似ています。熟期はガラと同じだということですので、日本で栽培すると、9月下旬〜10月上旬のりんごでしょうか。しっかりした、貯蔵のきくリンゴです。果実の果梗側表面に、黄色い部分が見られますが、これは品種の特徴ではありません。日本のように、着色をよくするため、葉を摘むことがないためです。

 このリンゴの商標Sonyaの日本語風の読み方ですが、ソニアソーニアソンヤなどとも読まれています。どれが正しいのかわかりませんが、Sonyaは女性の名前で、文学作品で翻訳される場合には、一般的にはソーニャと訳されていますので、この品種名もソーニャとしておきました。どなたか、お分かりの方がおられましたら、ご指導下さるとありがたいと思います。

文 献)
 
赤田朝子 世界のリンゴ品種 平成25年度平成25年度 参観デー資料 
                      青森県産業技術センターりんご研究所編 2013年9月4日
 Sonya
  http://www.sonyaapple.com/company.html
 Apple tree named ‘Nevson’  
http://www.google.com/patents/USPP12415 
 Sonya(Nevson)  http://adamapples.blogspot.jp/2011/08/sonya-nevson.html