巨大果実の果梗は枝のような太さです。

 スタークジャンボは、米国オレゴン州フッド・リヴァーで、1962(昭和37)年に、イブズデライト(Eve's Delight) の枝変わりとして発見され、D.A.Hanners氏が育成し、1971(昭和46)年に発表された巨大りんごです。
 
大きくて有名なリンゴの世界一
より大きく、青森県では2009(平成21)年に1958gの記録があります
〈文献〉
 しかし、私どもが、今までに入手できたものは、500〜1100gのものでした。
 重さ980g 、直径約13cmの果実に、たまたま枝と果梗がついていましたが、右写真のように、果梗が枝のように太くてたくましいものでした。
 無袋栽培をすると、濃赤色
(上写真の無袋果)になりますが、袋をかぶせて遮光すると真っ白い果実になります。しかし、適期にその袋を剥がして光を当てると、真っ白いりんごが、輝くような真っ赤なりんご上写真の有袋果)になります。
 見事な大きさと、この着色の特性を生かして、お祝い事などに使われるシールりんごを作る材料として、よく使われます。
 また、上写真右側の果実断面写真は、約500gのりんごのものですが、この程度の大きさのものでは長円錐形になります。しかし、大型のものは、ごつごつと凹凸のある変わった形になります。果肉は真っ白で、熟期は10月下旬です。

 舌触りはジョナゴールドに似ていますが、酸っぱさは完熟したを思い出します。糖度は高くありませんが、さわやかな酸味があっておいしいと思いました。料理用にも適した品種で、決して装飾用だけのりんごではないと思います。

<文献> 東奥日報 2009年11月7日