春明21は、品種名あおり21の商標名です。
 このりんごは、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)が育成した品種で、1984(昭和59)年に、右図のように、ふじレイ8という青森県りんご試験場育成系統を交配し、その交雑実生の中から1997(平成9)年に食味で一次選抜したものです。

 貯蔵性が非常に高いことから、2004(平成16)年に系統名あおり21として二次選抜したもので、2005(平成17)年から、県内の広い地域で現地適応試験を実施しています。春明21 という商標登録は、2010(平成22)年10月に認められました。

 収穫時期は、10月末〜11月初旬ですが、収穫直後は、果肉が硬く、酸が強くてまだ本来の味が出ません。
 果色は明るい紅色で縞が明瞭。有袋ふじに似ていて、素人の私どもには、ふじと区別できませんが、ふじより、果梗付近のくぼみが浅く、果梗は太めです。果肉は緻密で、手で持つとずっしりと重く感じます。遅くまで成らせておくと蜜が入るそうですが、普通は、あまり蜜は見られないとのことです。
 糖度は14〜15%程度と高く、酸度は0.6度(0.6g/100ml)とジョナゴールド並で、果実の大きさは250~450g程度です。

 2009(平成21)年8月11日に、りんご研究所の冷蔵庫で保管しているサンプルを頂き、試食をしました。2008(平成20)年秋に収穫し、冷蔵庫に保管しておいたものだとのことでしたが、果肉は適度に硬くさわやかで、歯ざわりがよく、糖度は15.2%と高く、酸味も適当で、風味がよいりんごでした。
 収穫直後は、硬くて本体の風味がありませんが、翌年の4月以降は果肉の硬さも適度になり、酸味もやわらいで美味しくなるという特徴があります。この品種が市場に出回ると、春から夏にかけても、ぱりぱりの歯ざわりと一級品のりんごの味を楽しむことができるようになります。
 2012(平成24)年3月28日に七戸町で、2013(平成25)年5月22日に黒石市で、市販品を購入しました。

 2011(平成23)年7月28日に、2009(平成21)年秋に収穫し、初年度はCA貯蔵(注)、翌年から冷蔵保管しておいたという、つまり、2年間も保存しておいたものを、青森県りんご研究所で、試食させていただきました。酸味や甘味も減少し、果肉もやわらかく、少し風味が衰えてましたが、この季節のりんごとしては結構楽しめる味で、驚きました。
(注)
「空気の組成を調整する」という意味のControlled Atmosphere Storageのことで、温度と気体環境を調整しての貯蔵のこと。

 〈文献〉  1  平成20年度 参観デー資料集  青森県りんご21世紀会編(平成20年9月
   2  東奥日報 夕刊 2011年4月21日