秋陽は、1991(平成3)年に、山形県立園芸試験場(現・山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場、寒河江市)において、陽光千秋を交配し、その実生の中から選抜、以後、増殖を行いながら特性の調査を継続し、2005(平成17)年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したものです。2006(平成18)年、山形県では最初の、りんご新品種として公表され、2008(平成20)年に品種登録を完成しました。
 収穫期が9月下旬〜10月上旬の中生種で、上品な味と香りをもち、肉質のよい、甘酸適和の、大きさ300〜350程度で真っ赤な、美味しいリンゴです。果点の大きさ及び密度は中ぐらいで、スカーフスキンはあまり目立ちません。果梗の長さ及び太さは中ぐらいで、肉梗はありません。また、果実表面から油状のろう(蝋)質物が分泌されるので、保存して置くと、軽く油を塗ったように、べたついて、光るようになります。
 2013年12月に、青森市内のスーパーで購入しました。