太陽5号について。
 2003年正月早々、三戸町の知り合いの農園の園主から「あなたのホームページにはたいようが入っていませんね」という電話をいただきました。
 「エ!タイヨウってなんですか」とヘドモドしていると、「手に入るから送りましょう」ということでご寄贈していただきました。また、2004年12月18日にも「今年はとても立派なのが収穫できました」と、送っていただきました。
 扁円形(高/径=0.77〜0.88)で、暗褐紅の縞がある、果重250〜310gのりんご。やや芳香があり、酸味と甘みが十分で、果肉がしっかりしていますが、もう少し多汁であればと思いました。
 翌春まで保存がきくそうです。味はよいのですが、「さび」でざらついていてあまり美人ではありません。上北郡や三戸郡内で栽培されているようです。収穫期は10月下旬〜11月。
 このりんごは、青森県りんご試験場で1938(昭和13)年に、ゴールデンデリシャス紅玉を交配して生じた実生の中から、1952(昭和27)年に選抜されたものです。当時、試験場での交配親を番号で表していたので、この交配親の組み合わせは「7×2」、選抜の際の個体番号が5号でしたので、「7×2の5号」と表されました。

 1954(昭和29)年1月、試験場において、青森県りんご育種同好会(昭和27年8月設立)のメンバーが参加して、晩成種の番号物10種類の試食会が行われ、南部町の留目恵源氏や後に紅月を育成する谷内助九郎氏も出席しました。
 翌年3月、それら試食会にだされた品種の地域適応試験のため、穂木が希望者に分譲され、この際、留目恵源氏が7×2の5号を入手して自宅で栽培を始めました。はじめての結実は1956(昭和31)年と記録されています。その後、南部町向公民館において、試験場の技師も参加しての、育種同好会の試食会が、「7×2の5号」を含めた19品種について行われています。

 さびの多い品種なのでいろいろと栽培法を工夫し、市場に出回ったのが1963(昭和38)年頃とのことです。出荷の際に適切な商品名が必要なので、留目恵源氏によって太陽5号と命名されました。この経緯は、青森市浪岡の山田三智穂氏と南部町の工藤勘兵衛氏から教えて頂きました。