高嶺は、長野県の農場試験場で作られた品種で、果汁たっぷりの、うまいりんごです。
 1970(昭和45)年にレッドゴールドより採取した種子から生じた実生を選抜・育成し、1984(昭和59)年に品種登録されました。
 育成地(長野県須坂市)では9月下旬から10月上旬に成熟するといわれています。
 2010(平成22)年10月14日に、青森県三戸町の農産物直売所で購入しました。少し過熟気味でした。
 果実の形は円形で、果実の大きさは350〜400g、果皮は黄緑の地色に、小豆色に着色し、縞はありません。果肉の硬さは中程度、きめはやや粗く、果汁が多く、果肉に蜜が入ると言われていますが、購入したものには、蜜は見られませんでした。糖度13%でしたが、もっと高くなるとのことです。酸度も適度でよい香があり、食味の良いりんごです。
 三倍体の品種で、生育しすぎて栽培が難しく、果実は美味しいのですが、果実の日持ちが短いため、寒冷な地域でのみ栽培が可能とのことです。直販用として僅かに栽培される「幻のリンゴ」と言われています。