ちなつは、農林省園芸試験場盛岡支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)が1972(昭和47)年に岩手県盛岡市においてあかねアーリー・ブレイズを交配し、1982(昭和57)年に一次選抜、1989(平成元年)から系統適応性検定試験を実施して特性の調査を行い、1998(平成10)年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したりんごです。2001(平成13)年の品種登録で、出願時の名称はリンゴ盛岡49号でした。ただし、近年、遺伝子分析の結果、花粉親は、アーリー・ブレイズではなく、スターク・アーリエストであろうと推定されています。
 果実の外観が円形で、黄緑色の地色にやや薄赤い明瞭な縞模様が付きます。大きさは200g前後と小玉のりんごですが、中には300gに達するものもあります。王冠は弱く、萼はやや開いています。こうあ(梗窪:
果梗側の窪み)は浅く、やや狭く、さびが少し見られることがあり、がくあ(萼窪:萼側の窪み)はあまり深くありませんが広い方です。果点は明瞭で緑色です。スカーフスキンはみられますが、果皮のろう質物は目立ちません。果梗の長さ及び太さは中ぐらいで、肉梗(膨らみのある果梗)はみられません。
 果肉は歯ざわりがよく、シャキシャキしていましたが、すぐ軟らかくなり、あまり保存がききません。肉質、果汁ともに中程度。糖度は12〜13%、やや酸味が強いが極早生種としては食味が良好です。
 盛岡市では8月中旬に成熟する早生種であるとのことですが、青森県十和田市で2007(平成19)年8月18日に熟した果実を購入しましたので、青森県の収穫期は8月中旬〜下旬でしょうか。