トキ は、青森県五所川原市の土岐傳四郎氏が、1985(昭和60)年に、王林紅月を交配育成したものであるとして、2001(平成13)年青森県の種苗会社より種苗登録を出願、2004(平成16)年に登録された品種です。
 しかし、トキ王林および紅月の遺伝子型解析から、王林紅月を交配親とするとトキのような遺伝子型のリンゴは生じないこと、王林ふじの交配であれば、トキのもつ遺伝子型を矛盾なく説明できることがわかりましたので、花粉親はふじではないかと思われています
〈文献〉
 2002(平成14)年10月10日に青森市内のデパート地下の高級果物売り場ではじめて見かけました。しかし、これは450〜500gの選別した高級品の大型のりんご。1個数百円と超高価でした。何もこれほどまでに高い値段をつけなくてもいいのではと思いながら、珍しいので、2個購入してカメラに収めました。そして食べてみて…、このうまさで、しかも新品種デビューであれば、この値段でもいいかなと納得しました。
 果皮は浅黄色、果肉は淡い黄色、果汁が多く、甘酸適和で、香り、歯ざわり、口当たりも良好で、円形〜円錐形のおいしい品種です。10月上旬から中旬が食べ頃です。
 弘前市のりんご小売店の人 によりますと、「2001(平成13)年頃から市場に出回り始めたようだが、生産量はまだ少ない模様。昨年はごく少量入荷したけれども、今年(2002年)は入荷せず、昨年のお客さんからは、今年は手に入らないのと言われている」とのことでした。
 翌2003(平成15)年9月29日には大型スーパーで1個200円弱で販売されていました。こちらは300gほどのものでした。市場に相当量が出回り始めたのでしょう。カタログには、大きさは300〜350gとありますから、2002年に購入したのが特別大きかったのでしょう。
 2004年9月23日、青森駅前のりんご販売店で440〜540gのものを購入しました。少し未熟な感じがしました。新品種がデビューするときは最適の成熟の状態で顔を出しますが、評判がよいと翌年から次第に早採りするようになり数年後には未熟な状態で店に姿を見せ、評判を落とすようになる危険があります。そうならなければ良いがと思っていましたが、
幸い、適熟期のものが市場に出回り、消費者の評判がよく、店頭にたくさん姿をみせるようになりました。

 トキは前述のように、2004年に種苗登録された品種ですが、2010(平成22)年度産の本県の生産量は約3千トンで、中生種の人気品種の一つ。これまでに県内外で約18万本が植えられ、全国の栽培面積は千ヘクタール以上とされます。
  東奥日報2010/11/2 によると、県りんご協会により、本県リンゴ産業の功労者に贈られる木村甚彌賞に、2010(平成22)年度は、土岐傳四郎氏(84)が選ばれたということです。
 受賞理由について、同協会は、土岐さんが作り出したトキは、非常に優れており、これだけ短期間で全国に広がった品種はない。また、海外輸出の需要も高く、本県の栽培基盤を支える品種となったとしています。そのうえ、土岐さんは、1976年から30年以上にわたり、県りんご育種同好会で、世話人や監事を務め、長い間、本県のりんご育種を支えたとしています。 

〈文 献〉 SSR遺伝子型を用いた青森県内で育種されたリンゴ品種の交配親確認
                              2006年園芸学会研究発表資料
  阿部佳枝・五十嵐惠・初山慶道・上田高則・鈴木正彦(青森農林総研グリーンバイオセンター)
  今智之・深澤(赤田)朝子・工藤剛(青森農林総研りんご試験場)