となみは、青森県十和田市の三浦小太郎氏が1977(昭和52)年に、マヘ7の自然交雑の実生を播種し、その中から選抜育成したりんごです。
 収穫期は10月下旬から11月上旬。
食べごろは冬から翌春まで。
 果形は
印度にやや似ていますが、自然に熟したものは濃赤紅色で、マヘ7ほどではありませんが果点が目立ち、表面にろう質物を分泌し、ピカピカ光り、蜜がよく入ります。
 しかし、早めに収穫し、冬の間冷蔵庫に保管して春に発売した果実は色も薄く、ろう物質は出ませんし、蜜もありません。果重は360g前後です。
 県内ではあまり出回っていませんが、七戸町、十和田市、三戸町で販売していました。また、近頃、青森市浅虫の道の駅でも、大量に出回るようになりました。
 七戸の道の駅では、秋に保管しておいた果実が真冬から翌年初夏にかけて大量に販売されていますが、春遅くなってもボケることはありません。我が家では、春はとなみに限るなどと冗談を言いながら機会を見ては七戸に買出しに出かけ、知人に分けています。
 樹上で完熟したものは、美味しいのですが、あまり保存がききません。その完熟したものが、三戸町の道の駅近くの農産物直売所で10月末〜11月始めにみられることがあります。果肉は密で口当たりがよく、まろやかな舌触りで多汁、甘くて、しかもさわやかな酸味があります。