ウースターペアメンについては、はっきりしたことはわかりませんが、イギリスの古い品種 Devonshire Quarrenden の実生ではないかと考えられています。イギリスWorcester 近くのSwan Pool のHale氏が育成し、Worcesterの Smith氏によって、1874(明治7)年に発表されました。日本には、大正時代に導入されています。あかね の花粉親です。
 果重200g前後の円錐形で、緑の地色で陽光面が縞状に赤くなります。果実の果梗付近には緑褐色のさびが出やすく、色の濃い部分を指で触るとザラザラします。果梗付着部付近から下方に伸びる五条の凹凸が、途中まであり、萼側の窪みは小さくて浅いりんごです。
 果肉は熟するとやわらかく、舌触りも悪くありませんが、噛むと部分的に少し硬いところがあるような違和感があります。机上におくとよい香りがします。糖度13%程度で、甘酸適和で飽きのこない上品な味がするりんごです。イチゴの風味がするという人もありますが、私にはよく分かりません。
 収穫期は9月上旬ですが、樹の周りに落ち実がたくさんありましたから、熟した実は落下するのでしょうか。病気、特にうどん粉病には強いということです。

 イギリスなどでは、大変よく知られた有名な品種のようで、スーパーや直売所でよく見られるそうです。また、「Worcester Pearmain」とパソコンで検索すると、英文の販売広告や品種解説がしきりに出てきます。しかし、日本では市販されているのを見たことはありません。
 Worcester Pearmain の日本語風読み方に、ウェスターペアメインウオルセスターペアメインなどいろいろありますが、辞書で調べると、Worcester の発音は  ですから、ウースターペアメインまたはウスターペアメンでよいと思います。ご存知のウスターソースはイギリス Worcester 州産のsauce なのですから。
 また、 Pearmain とは、ナシ(西洋梨を逆さまにした) 形のりんごの、欧米における総称です。
 Adams Pearmain、Baxters Pearmain 、Blue Pearmain、Christmas Pearmain、Claygate Pearmain、Foulden Pearmain、Grange's Pearmain、Hormead Pearmain 、Hubbard's Pearmain 、King Charles Pearmain 、Lamb Abbey Pearmain 、Laxton's Pearmain 、London Pearmain、Mannington's Pearmain などいろいろあるようですが、私は見たことも味わったこともありません。White Winter Pearmain印度の親ではないかと思われている品種です

   果実は、青森県りんご試験場からいただきました。