果粉が付いている果実
 ビスタベラは、米国ニュージャージー州ラトガー大学で、1950年代に育成されたりんごで、1974(昭和49)年公表されました。
 大きさは200〜250gが普通ですが、上の写真で最大の果実のような340g程度のものもあります。
 果形は扁円〜円形で暗赤色に着色します。果実表面は下の写真のように全面に白い粉で覆われていて、この粉(果粉)は手を触れると容易に剥がれ落ちてしまいます。
 また、熟期に長雨があると果実が割れてしまうということです。
 未熟なものは酸味が強く、おいしくありませんが、熟したものは、さわやかな、いい味がします。
 熟期が不揃いですが、8月上旬には収穫できます。しかし、収穫後の保存性はあまりよくありません。
シナノレッド夏の紅の交配親です。

 生育期に雲がかかり、2000mを越す中米の高地で、良品が生産されているということで、「Vista Bella」 の名は、このりんごが栽培されている、ガテマラ高地のBella Vistaに由来するそうです。


〈文献〉 http://www.orangepippin.com/apples/vista-bella.aspx