早生金星という名前のりんごを、2004(平成16)年10月10日に青森駅前のりんご店で購入しました。複数の店にありました。一軒の店では裸の果実を扱っていましたが、別の店では青い紙袋付き(袋が少し破かれて果実が覗いている)のもので、少し黄色が濃い果実でした。
 売店の方に伺いましたら、「このりんごは今年(
2004年)初めて扱います」とのことでした。
 収穫直後の金星は果肉の硬いりんごなのですが、このりんごは軟らかく、より多汁です。味そのものはなかなかよいりんごです。
 早生ふじのところでも紹介しましたが、早生金星早生王林または早生ふじのように晩生の超有名品種の早生物と称するりんごをよく目にするようになりました。内容のわかるものもありますが、この早生金星は交配によって生じた品種らしいのですが、その詳細についてはわかりません。