陽光は、群馬県農業技術センター中山間地園芸研究センター(旧 群馬県農業総合試験場北部分場 沼田市)において、ゴールデン デリシャスの自然交雑実生を1962(昭和37)年に採取、その後その実生を育成・選抜した品種。1981(昭和56)年に品種登録しました。
 収穫期は10月下旬です。貯蔵性は常温で1ヶ月、冷蔵で3ヶ月程度といわれていますが、三戸町の農産物直売所で4月末に販売されていました。いい味のりんごです。
 果形は円形〜長円形で、果実の大きさがよく揃っています。大きさは300〜350gで、果肉は白色でやや硬く、甘味と酸味のバランスがとれています。
 果皮は初めは縞状鮮紅色ですが、熟度が進むにつれて光沢のある濃紅色に変わります。10月初めから店に顔を出すことがありますが、未熟果はうす味で感心しませんが、10月下旬になり、熟すと良い味になります。サビが発生しやすいですが、収穫期にはサビの色が黄金色となり、本品種の特徴ともなります。秋陽の種子親です。

 青森市の栽培家に伺ったのですが、果実のこのような模様を「しぶ」と言うのだそうです。日本列島とそっくりの「しぶ」がある果実が収穫され、話題になったことがあると話してくらました。ただし、「しぶ」が付くと商品価値は下がるということです。