Idared  アイダレッド
 アイダレッド (Idared) は、1942年にアイダホ大学の農学実験施設で、ジョナサンワグナーをかけ合わせて育種された品種です。固くて白い果肉を持ち、酸味があり、果汁に富みますので、アップルソース、アップルパイ、アップルケーキなどに適すとされています。9月下旬から10月中旬に収穫され、耐寒性があり1月の終わりまでは容易に保存できます。適切に管理すれば、6月まで食べるとのことです。熟したものは食べても美味しいりんごです。
 バルカン半島を旅したのが、2012年4月初めでしたが、クロアチア・オパティアのグランドホテルで、夕食にも翌日の朝食にもアイダレッドが出ました。夕食に出されたりんごは美味しいと思いましが、朝食に出たのは少し小ぶり、酸っぱくて、硬くて美味しくありませんでした。(色も形も似ていたので、同じ品種だと思われますが、収穫時期の違いでしょうか?)
 トロギノールのメディナホテルのりんごは、見かけは悪いようですが、美味しくいただきました。また、プリトヴィツェのマコラホテルの地下スーパーでもアイダレッドを購入しましたが、うっかりツアーの仲間と食べてしまいましたので撮影できませんでした。みんなの食味感はさっぱりして美味しいとのこと。品種名を知らずに食べたときはジョナゴールドかな?と思いました。
入手した場所: クロアチア・オパティアのグランドホテルの夕食並び翌日の朝食。ドロギールのメディナホテル。プリトヴィツェのマコラホテルの地下スーパー。