南アフリカで入手したリンゴ
 2014年4月に南アフリカのケープタウンを旅行した際に、スーパーマーケットで購入したものです。ロイヤルガラはおいしいと思いましたが、その他は、私の好みとは一致しませんでした。スターキングは甘みが少なく、ゴールデンデリシャスは、硬く、未熟な感じがしました。ここで、今、売られているリンゴは、南アフリカで生産されたものだとのことです。
 翌日、早朝の出発だったので、ホテルで弁当を作ってくれました。内に入っていたのは、グラニースミスでした。待合室で外人が食べていたのもグラニースミスだったので、南アフリカで一番このまれている品種はグラニースミスではないかと思いました。
 販売方法は、日本と少し違います。商習慣、または制度の違いでしょうか。りんご一個ごとに、上図に4枚あるような、6センチ×5センチの印刷物がついてきます。それには、1個、1個の単価、重さなどがプリントされています。注文してから、1個づつ店員が機械で打ち込んでプリントを作るので、時間がかかります。
 上の図にもありますが、お金の単位は、Randで、1Randは約10円です。