ブラジルとペルーで入手したリンゴ(品種不明)
 2009年10月に南米を旅行した際に、現地で入手し、写真を撮ったものです。品種名はわかりません。上の写真以外の品種もたくさんあるらしいのですが、入手できたものだけを写真にしました。撮影条件が悪く、思ったような写真になりませんでした。
 10月4日にレストランの昼食についたりんごは、柔らかめで普通の味で、食事のあとで食べましたが、まあまあというところでした。

 10月6日に購入した赤黒いりんごは、甘味が少なく、酸味が強いりんごでした。また、緑色のりんごは、グラニースミスではないかと思いますが、食べる前に、誤って狭い場所に転がしてしまい、回収できなくなり、味わうことができませんでした。
 10月9日に購入したものは、甘くて美味しいりんごでした。
 右の写真は、ナスカでみた屋台車です。リンゴの他に熱帯の果物がたくさん見られました。上の写真の、ラベルがついたリンゴについて現地のガイドさんに伺ったら、これはチリから輸入したもので、チリにはたくさんのリンゴがありますよとのことでした。ちなみに、上の写真のように、リンゴにはラベルが逆さまに貼られていました。
 2010年2月2日、このラベルのことについて、東京の会社の方から、「ナスカでお求めになられたリンゴのラベルは、バナナの「チキータ」ブランドなどを擁するアメリカ資本のフルーツ商社・ユニフルーティー社のものと思われます。」というメールをいただきました。ありがとうございました。