Braeburn  ブレイバーン
 ブレイバーンBraeburnの両親は不明です。Lady Hamilton の自然交雑ではないかともいわれています。ニュージーランド・ネルソンの O.Morun 氏が、1952(昭和27)年に発見し、同年William Brosu氏によって発表されています。
 大きさは中〜大で、濃い赤色をしていて外観はなかなか良いリンゴです。果肉はクリーム色、多汁で、温和な甘さがあり、品質も優れているとのことです。極晩生の寒地には向かない品種だとのことですが、10月中旬にアメリカで食べてみましたら、未熟な感じがして、食感・食味とも感心しませんでした。ニュージーランドでも、特に美味しいとは感じませんでした。アメリカ産の写真の果実の地色が黄色に写っていますが、実際はもっと緑色でした。
 
入手した場所: アメリカ・カリフォルニア・ブライスキャニオン近くのスーパー。
           ニュージーランド南島・カンタベリー。