Golden Dericious 
 
ゴールデンデリシャス
Golden Dericious(ゴールデン デリシャス)は、 米国・ウェストバージニア州クレイカウンティで、ムリンス氏により、1890(明治23)年に発見され、栽培されていた自然交雑実生です。1914(大正3)年に初めてアメリカの市場で公開されて評判を高めました。
 日本へは青森県農業試験場園芸部(現青森県りんご試験場)がニューヨーク農試より、1923(大正12)年に導入しました。日本でも、直売店などでときどき目にします。品種の特徴を知りたい方は、品種説明のゴールデンデリシャスをご覧下さい。
日本では果実の大きさは250〜300g程度のものが市場に出ますが、欧米では150 〜250g の果実が多く見られます。この品種は世界中で栽培されています。特にヨーロッパでは最主要品種で、全部無袋栽培だそうで、形は小さいのですが日本のものより、とても美味しく、別品種のようでした。
 
入手した場所:アメリカ・カリフォルニア・ヨセミテ付近のスーパー。
           ギリシャ・アテネの小さな食料品店。
           フランス・パリのホテル朝食。