Granny Smith   グラニースミス
Granny Smithグラニースミス)は、 オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカでは、しばしば見かける超有名品種ですが、日本ではあまり目にしません。
 日本では、青森県りんご試験場が1934(昭和9)年に、アメリカ農務省から穂木で取り寄せました。晩生のりんごで、青森県では完熟する前に冬がきてしまうことがあるようです。暖地に適した品種でしょうか。
 ニュージーランドのロトルア・ヘリテージホテルでは、黄色いグラニースミスが出されました。完熟していて、大変うまいと思いました。ハンガリーで真夏に購入できましたが、南アフリカのラベルが添付されていました。
 大きさは中位、円形で果皮は緑色ないし黄緑色を呈しています。歯応えがあり、酸味が強いが風味もあるので、ケーキ、サラダ、パイなどの加工用にも適しています。酸の効いた硬いりんごを好む方には生食もおすすめできます。
 この品種の特徴を、詳しく知りたい方は、品種解説のグラニー・スミスをご覧下さい。
 
入手した場所: アメリカ・カリフォルニア・ヨセミテ付近のスーパー。
           フランス・パリのホテル朝食。
           オーストラリア・フリーマントルのマーケット。
           ニュージーランド南島・カンタベリー。
           ハンガリーブダペストの小さい果物店で2008年7月24日に購入
           したものへは南アフリカのラベルが添付