Jonared   ジョナレッド
Jonared(ジョナレッド)は、紅玉の枝変わりです。アメリカ・ワシントン州Peshastin のW.Vecher氏 が発見したもので、1934年に発表されています。日本にも、1950年に、青森県りんご試験場により導入されていますが、日本の市販品の中に見られるかどうか不明です。
 ハンガリーで、7月に購入したものですが、購入時期から推定すると、南半球の何処かで栽培したものを輸入したものと思われます。欧米では珍しく、大きいリンゴでした。味はジョナゴールドに似ていますが、少し甘さが強いと思いました。店のリンゴ箱に「Jonared」 と記載されていました。
  
入手した場所: ハンガリー・ブダペストの小さな果物専門店。