Pippin Apple   翠 玉 すいぎょく
 Newtown Pippin(翠玉)は、アメリカ・ロングアイランド・Newtown のG.Moore氏園で発見された実生から育成されました。両親は不明。1759年には、イギリスに導入されています。
 日本には、1871(明治4)年に開拓使がアメリカから導入し、日本名が翠玉(すい
ぎょく:美しいみどり色の玉の意味)とされました。
 大きさが中〜大、黄緑色のリンゴで、果肉は硬く密で、甘酸適和で芳香がありました。写真はホテル内の人工光線下で撮影したもので、実際は、もっと緑が濃いリンゴです。詳しくは、ニュータウンピピンまたは翠玉をご覧ください。 
 
入手した場所: アメリカ・カリフォルニア・ヨセミテ付近のスーパー