ウズベキスタンで入手したリンゴ(品種不明)
 2008年11月にウズベキスタンを旅行した際に、現地で入手し、写真を撮ったものです。上の写真以外の品種もたくさんあるらしいのですが、入手できたものだけを写真にできました。ウズベキスタンはリンゴ発祥の地に近く、この他にもいろいろの品種があるようですが、詳細は不明です。
 現地では、黄色いリンゴをサリクSarik(現地語で黄色のこと)、赤いリンゴのことをキズィルKizil(現地語で赤色のこと)と言っていました。試食してみたのですが、いずれもデリシャスに似た肉質で、美味しいりんごでした。
 プハラの民家の庭にリンゴの樹があり、見たことがない果実がたくさんなっていましたので、立ち寄りましたら、その果実を頂くことができました。緑色で酸っぱい果実ですが、形が扁円錐形で、グラニースミスとは違います。現地のガイドさん(日本語の堪能なウズベキスタンの方)が「これは秋の種類のりんご」だとのことですが、品種名なのか、総称なのか聞き漏らしました。

 バザールでは下のように山積みされて売られていますが、品種名の記載はありません。