リンゴはバラ科の植物です。バラ科の植物には、私たちが「食用にする」をつくるものがたくさん知られています。有名なものとしてはリンゴ、モモ、イチゴなどがあります。これらのは、が変化してできることは知られていますが、のどの部分がどのように変化したものでしょうか。
 は、が特殊化したと思われる萼片
(がくへん)花弁かべん)おしべめしべが、枝の変わったものとされる花梗(かこう)の先端部の膨らみである花床(かしょう)(注1)〈文献2〉の上に、一定の規則で付いているものです
〈文献1〉。 
 右上図は、バラの若い茎横断面の顕微鏡写真です。赤(
サフラニン)と青(ライトグリーン)に染色されています。このように、正常な若いは、外側に表皮、次に皮層、中央部に(ずい)があり、皮層の境目には維管束(水や養分の通路)がみられます。若い皮層には、葉緑体がたくさん見られます。が変化した花梗花床にも、皮層が見られます。
(注1) 以前、花托かたく)と言われていました。〈文献2〉


モモの花

 モモのも、花梗の先端部が発達した花床に、葉の変形した、萼片花弁おしべめしべなどが、下図のように規則正しくついているものです。
 めしべ
雌蕊
しずい)になった葉の変形物を心皮と呼びます。モモの場合は1枚の心皮からできています。めしべは、花粉を附着させる柱頭、その下は細長い花柱、下部は膨らんで房になっていて、その子房の中に胚珠という種子になる部分を包み込んでいます。萼片花弁は各5枚、おしべ雄蕊ゆうずい)はたくさんあります。
 モモのめしべは1本で、その子房の中には胚珠(注2)が1個だけ含まれています。 


 モモの果実の食用部分は、このめしべの根元である子房の壁が発達したものです。また、果実の中にある殻の硬い部分は、子房壁の内側が特殊化したもので、その硬い部分の中に、胚珠が発達してできた種子が保護されています。
 モモ
(注3)果実の割れ目は、心皮の縫合部分の名残りで、ウメ、サクラ、サクランボ、スモモなどの果実も基本的には同じ構造です。
(注2)
 モモ、オランダイチゴおよびリンゴの図では、説明のために、胚珠が見えるように描いていますが、実際には、胚珠は露出していることはなく、子房に完全に包まれています。胚珠は受精して種子の胚と胚乳になります。いわば植物の子供になります。子供が子房に完全に被われいる植物のことを被子植物といいます。
(注3)
 
上図右端のモモの果実は、天津(てんしん)という、有名な、古い古い品種です。童話「桃太郎」の挿絵に、これと似た形のモモ果実が描かれていることが多いようです。半分に割ると、果肉が殻から、きれいに剥がれることと、心皮の縫合部分がはっきりしていることが、説明に都合がよいので使いました。三戸町で購入しました。


オランダイチゴの花

 オランダイチゴの場合は、モモのように子房が発達して食べられる部分になるのではありません。食用部分になるのは、萼片付着部より上に、膨れるように発達した花床です。


 花床の上には、めしべがたくさんついています。めしべの下側のふくらみ、つまり子房には、1個の胚珠が包み込まれています。胚珠が成熟すると種子になり、薄い子房壁に包まれたまま、果実表面に付着する形となりますので、熟したイチゴ果実の表面には多数の小さい種子がつくことになります。



リンゴの花

 リンゴは、モモと似ているように見えますが、心皮ではなく、花床が発達して食用部分になります。イチゴとも異なり、花床が五つの子房をまとめて包み込むような形で萼片付着部の下の方に発達したものです。
 には、5枚の心皮からなる子房 (子房が五つ集合したもの) があり、これが下図のように、発達した花床に包みこまれています。各子房には数個の胚珠が含まれます。子房はやがて硬くなって胚珠が発達し数個の種子を保護するようになります。リンゴ果実中心部の子房が硬く、食べられない部分のことを、津軽ではかまどと言っています。

 花弁が大きく、花弁萼片の数も 5枚で、おしべがたくさん(20本)ありますから、外観はモモやウメの花に似ていますが、内部構造は、発生学的にはかなり違います。
 心皮は細く伸びて、花柱となります。リンゴの花柱は、途中まで表面に軟らかい毛がたくさん生えてまとまっているようにみえますが、やがて無毛となり、 5本に分かれているのが肉眼でもはっきりします。その先端部が変形して花粉を受け取る働きをする柱頭になります。
 右上図で、リンゴの花とサクラの断面を比較しました。サクラの子房(めしべの下端ふくらみ)は露出していますが、リンゴの子房花床に取り囲まれています。その子房の中に、将来種子に発達する胚珠が見えます。
 リンゴ品種はアルプス乙女、サクラはフジザクラです。


 果実とは、種子植物の花部が発達して生じた、種子を作る、多汁な果肉部分を持つ器官の一般的名称です。
 しかし、上で述べたモモの果実は、子房(心皮が発達したもの)種子(胚珠が発達したもの)からできていますが、リンゴは心皮胚珠以外の器官由来の部分もあります。リンゴの他に、ナシ、イチゴ、イチジク、バラ、パイナップル、ハス、クワなどもそうでです。
 心皮胚珠のみが発達したモモ、ウメ、やサクランボなどのような果実真果心皮胚珠以外の部分も加わってできたリンゴやナシなどの果実偽果と言って区別する場合もあります。
〈文献2〉


 下の写真は、リンゴの花床が発達して果実になる様子です。
 上列中央部の写真のように、は 4〜 5 本群れて咲きます。中心部のが先に咲きますので中心花、それ以外の少し遅れて咲く側花といって区別します。中心花は成長が早く、しかも充実しています。中心花側花も成長して果実になりますが、このまま成長させると小さい果実がたくさんできてしまい、日本では売り物になりませんので適当に間引きます。これを摘果といいます。摘果するときには側花が捨てられ、中心花が残されることが多いようです。しかし、外国ではヨーロッパ輸出用に栽培するときには、中心花を取り除いて側花を二つ残すそうです。そうすると小形の果実ができるということです。花は陸奥、その他はふじです。
 (文献)  1  果樹園芸大百科2 リンゴ 横田 清 農山漁村文化協会 2002年2月25日第1刷
   2  岩波生物学辞典 第4版 1996年3月21日 第1刷