果実の外観


果実の形

 青森県りんご試験場(現・りんご研究所)の資料文献1には、果実の形を 

 
@ 円 形  A 円錐形  B 扁円形  C 扁円錐形  D 長円形 
E 長円錐形

に分けて記述されていますので、果実を、この分け方にしたがって分類しました。



 りんごは丸く描かれます。しかし、よく見るとまん丸な果実はありません。いびつだったり、ごつごつしたところがあったり、変化に富んでいます。ただし、ここで円形として記載されても、実際にはいろいろな条件で長円形や扁円形になる場合があります。円形に分類されている品種の果実の大部分が円形なのだという程度に考えて下さい。



果実表面と果梗

1) 果 点
 果実表面にある点々模様は果点
かてん)といわれ、若い頃の毛や気孔などが変化したものです。品種によって大きさや分布に特徴があります。
 果点が目立つかどうかは、その大きさと分布密度によります。レッドゴールド王林マヘ7幸寿どはよく目立ちますが、紅玉夏緑などはあまり目立ちません。

2) スカーフスキン
 果点同様、果実表面にある模様ですが、果点のようにはっきりした点々模様ではありません。薄くて柔らかい、粗い目の布を被せたような、拡大すると薄い雲のような模様が現れる品種があります。スカーフを連想しますのでスカーフスキンといいます。非常に見にくいので多くの消費者は気がつきません。下の写真のような淡色で不規則な小さな鱗雲状の模様です。

 あかねデリシャス系統の品種、ふじ王林美空のレッド幸寿などで見られますが、つがる紅玉ジョナゴールド陸奥金星などには見られません。

3) ろう(蝋)質物の分泌
 表面がピカピカ光って、手で触れると油のようにベタつく果実があります。品種によって表面がベタつきやすくなったり、ならなかったりします。そのベタつきの正体は、りんごが熟するにつれてリノール酸とオレイン酸が増え、皮に含まれるメリシン酸やノナコサンという固形物質を溶かすことにより生じる現象です。つまり、りんご自身が作り出した質物で、農薬やワックスではありません。特にあおり11あおり12(しおりの詩)ジョナゴールドなどの品種は、熟すにつれて油を塗ったようなベタついた状態になります。つがるも少しベタつくことがありますが、王林金星はベタつきません。いろいろな呼び方がありますが、りんご試験場でろう質物と呼んでいます。

 これらの物質は、人体に害が無く、むしろ栄養が高まり、よく熟した食べごろの印なのですが、消費者や販売に携わる関係者にはあまり好かれないようです。

4) 果 粉
 
 果実の表面には、機械的保護や内部からの水蒸発を防ぎ、外部から不要な物質が入り込まないようにする保護物質があります。これをクチクラと総称していますが、このクチクラの一部が粉状に変化し、白い粉が果実表面に目立つ品種があります。この粉を果粉といいます。
 手で触れると、すぐに剥がれ落ちてしまいますので、店頭に並んでいる果実では観察できないことが多いと思います。果粉の目立つ品種とあまり目立たない品種があります。すぐ上の写真はビスタベラという品種の果実です。

5) さ び
 
 果実表面に、鉄の錆のようなざらざらした部分ができることがあります。いろいろな原因でできるらしいのですが、さびのできやすい品種と、できにくい品種があります。
果実表面全体に出る場合もありますが、品種によっては、果梗の付いた窪み部分(こうあ=梗窪)に特徴的にできる場合もあります。

6) 肉 梗
 
 りんごの果梗は、細くて丈夫ですが、品種によっては、果梗と果皮組織が癒着し、果梗が多肉化することがあります。なぜそのようになるのか原因は不明です。〈文献2〉
 肉梗がある品種といっても、収穫した果実すべてにあるわけではありません。ほとんどすべての果実にある品種。数パーセントの果実にだけある品種などいろいろです。夏の紅北紅まとうなどが観察しやすいと思います。


王冠の発達

 スターキングデリシャスなどのように、果実の萼側に膨らみがある場合、果梗を下にして置くと、形が王様の冠に似ていますから、このような果実を王冠が発達した果実といいます。発達の度合いは品種によっていろいろです。


萼側の窪みと果梗側の窪み

  りんごの果実は、枝に附着している果梗側とその反対側が大きく凹んでいます。果梗は花梗が発達して太く丈夫になったものです
 果梗側のくぼみのことをこうあといいます。梗亜と書いてある本もありますが、漢字としては意味がありませんので、かえってわかりにくくなります。そもそもの意味は梗窪、つまり果梗側の窪み
(くぼみ)のことです。
 また、萼
(がく)側の凹んでいる部分をがくあといいます。漢字では萼窪。おわかりのように果実萼側の窪みです。
 こうあがくあの広さ・深さは右図のように表します。品種はゴールデンデリシャスです。


 下に果実の断面を載せました。
 がくあ(萼窪)について見ると、夏緑は広く深く、ケントの花は浅く狭い果実です。紅将軍は普通でしょうか。こうあ(梗窪)についてもいろいろです。




果実の大きさ

 食用にするために品種改良されたものには、非常に大きいものがあります。私どもが、青森県内で入手したものの最高は、スタークジャンボという品種の果実で、1100g ありましたが、この品種の青森県での最高の記録は1958g だそうです。
 もちろん、野生のリンゴや花の観賞用のものには、そんなに大きいものはありません。50g か、それ以下のものが多いようです。
 下に、いろいろな大きさの果実の写真を並べました。「竹の物差し(10cm)」と比較して見て下さい。「品種解説」に載せた写真も、これと同じ倍率です。
 図の上側にある果実は主に食用の品種です。下側のものは観賞用のものか、野生のリンゴ、または昔は食用だったかもしれませんが、いまはあまり食べられないものです。
 ここにあるリンゴは、品種解説ページに掲載されています。左側の「掲載全品種検索」に品種名がアイウエオ順にありますから、選択してご覧下さい。ただし、「果実の形」のところにあるホーリーブラックギリフラワーは、市販されていないし、話題にもなりませんので、品種解説のページにも載せませんでした。両品種の果実は板柳町ふるさとセンター品種見本園で樹上のものを撮影したものです。

 (文献)  1  青森県りんご試験場 51年度種苗特性分類調査報告書 第1号 
                             
昭和52年3月5日発行
   2  渡部俊三 落葉果樹果実の形状異常について
                  
山形大学紀要(農学)第10巻第4号 Jan.1989