果実の切断面を観察する

 紅玉の果実を、食べるときのように、縦に切ってみました。中央部に硬い部分に囲まれて種子が見えます。その硬くて食べられない芯の部分は、削り取るか、食べ残します。
 津軽では、ここをかまど
(注1)といいますが、この部分を含めて果実の構造がよくわかりませんでしたので、次に、果実を横断してみました。
 星型が現れました。部屋が五つあり、各部屋に種子が詰まっています。そして周囲に10個の淡緑色の点が規則的に見られます。養分の通路の維管束と思われます。星型の構造物を取り囲んで、花形の構造が見えるように思われます。
 いろんな品種の果実を横に切って観察してみました。品種ごとに見え方に違いがあり、切断直後に観察した範囲では、紅玉が一番はっきり見えました。
 切断面はそのままでも見えますが、乾燥すると、より観察しやすくなります。墨汁を塗り、布でこすりながら水道水で洗い流すと、さらにはっきり見えるようになります。

 別な方法も試してみました。青インクを水で適当にうすめ、切断面を浸しておいてから、流水中で、粗めの硬い布を用いて静かにこすっていると、花形模様の部分の表面だけが削り落とされて、観察しやすくなります。 



果実の中心部、「かまど」を観察する


 果実各部の名称や構造を調べるため、いろいろな著書を参照しましたが、手持ちの本に、私の撮った下右の写真(果実は見やすいように墨汁処理している)を説明するのに好都合な、横田清氏の図と解説がありましたので〈文献1〉、それを頼りにして、名称を入れてみました。花形模様に見えた部分は、花床原本では花托)のが成長したものだと書いてありましたので、そのように記入しました。
 りんご果実の構造については、いろいろな本
〈文献1、2、3〉に、図入りの説明がありますが、実物と見比べてみて、横田清氏の説明が、私にとって一番分かりやすかったので、参考にさせていただきました。
 果実をいろいろと切ってみましたが、中心部の星型に見える硬い部分の立体構造がわかりませんでしたので、その部分を果実から取り出して見ることにしました。
 果実の芯の部分を冷凍庫で一晩凍らせ、翌日解凍すると、ベシャベシャと柔らかになりますので、時間をかけて周囲から崩していくと、右図のようなものが出てきました。これが、リンゴの「かまど」にあったもので、リンゴの子房です。

 子房は五つの部屋に分かれていました。その子房を分解していくと、豆の莢そっくりの五つの構造物に分かれました。豆の鞘は1枚の心皮からなる子房が変化したものですが、リンゴの子房は5枚の心皮からできていることがわかりました。
 

 リンゴの果実の真ん中に、豆の鞘と相同な、そして見た目もよく似ている構造が潜んでいたのに驚きました。取り出した直後は、もっと淡色でしたが、写真を撮るために乾燥させたら、図のように褐色になりました。

 頭の整理するためのに、いろいろと試行錯誤をしながら、上のような解説図を作ってみました。名称に
間違いがあるかもしれませんが、果実の中身、特にかまどと称する食べられない部分の、大体の構造だけはわかりました。このような立体構造をしていたので、縦断面では、中心部がいろいろな形に見えたわけです。

 リンゴの子房をまるごと取り出すのに成功し、一人で満足しています。自分でも、いい歳をしているのに、「馬鹿なことをして、めでたい奴だな」と考えて苦笑しています。なお、花床皮層だとか、心皮という難しい言葉を使いましたが、果実の関係は、別画面の「と果実へ」をご覧下さい。

  図で示されている各部の名称は、正しいかどうかわかりません。これとは別の説明をなさるりんごの専門家や参考書があります。ですからこのページは専門の方からお叱りを受けるかもしれません。もし、正しい名称と構造をご存知の方がおられましたら教えて下さい。


(注1)
 かまどは家庭で火を扱う場所ですから、生活の第一のよりどころ、生活の中心から、リンゴの中心、つまり果実の芯になったようです。東北6県、群馬県、新潟県、岐阜県、長野県の全域または一部で「果実の芯」の意味で使われていた言葉だそうです。青森県では日本海側で、現在もよく使われていますが、太平洋側ではあまり使われていないようです〈文献4〉



蜜(みつ)とは?

 完熟したりんごを切ると、芯の周辺が黄色く透き通った状態になっていることがあります。蜂蜜のような色合いなので、りんごの“”と呼ばれます。が入る品種は、こうとくふじ北斗デリシャス系などで、蜜の入らない品種としては、王林、やジョナゴールドつがるなどがあげられます。下の写真は、ふじ果実断面です。がたくさん入っているのがわかります。
 の入る品種でも、の入っている果実とそうでないものがあります。 の多い果実は、一果あたりの葉数が多く、日当たりの良い南向きに結実したもので、完熟したりんごに多く、有袋りんごより無袋りんごに多く発生するといわれています。しかし、その年の天候にも大きく左右されるようです。これは、リンゴやニホンナシに見られる蜜症状といわれるもので、果実の成熟に伴って果肉または果心部組織の一部が水浸状になる生理的な現象です。
 リンゴやナシなどのバラ科植物では、で光合成された糖質はソルビトール
(注2)の形で果実に移行し、そこでまずデンプンなどに変換・蓄積され、必要に応じてブドウ糖果糖蔗糖などに再変換されます。
 の入る品種では、成熟が進むに従って果実の中でソルビトールを他のに変換する能力が低下し、その結果、果実内の維管束付近から、ソルビトールが次第に集積することになります。このソルビトールが周囲の組織から水分を吸収することにより、水浸状にみえるのが蜜症状と考えられています。
 リンゴの場合、軽い症状のうちは、貯蔵中に消えてしまうことがあり、年を越したリンゴからが無くなってしまうことをよく経験します。自体が特に甘いわけではありませんが、は、果実が完熟し、糖分が増し、水分が十分あるという状態の目印なので、蜜入りりんごは美味いと言えるのです。
 

(注2)
 ソルビトールとはブドウ糖の還元によってできる糖アルコールの一種で、ナナカマドの赤い実からブシニョー(フランス人)により約100年前に存在が確かめられたため、ナナカマド属(ソルブスの名をとってソルビトールと名付けられました。甘味度は砂糖の60%程度です。工業的にも生産され、保湿剤、甘味料など食品添加物として使用されています。

 日本で街路樹として植えられているナナカマドの学名はSorbus amerikana subsp. japonica です。ブシニョーが扱ったナナカマドの学名はわかりませんが、フランスではナナカマドのことを一般的に Sorbier といいます。

 (文献)  1  果樹園芸大百科2 リンゴ 46ページ 横田 清 農山漁村文化協会 2000年2月25日
   2  講談社カラー版 日本語大辞典 1989年11月6日 第1刷
   3  平凡社 世界大百科事典 1995年印刷
   4  日本国語大辞典〔縮刷版〕 小学館 昭和55年4月20日