1



 錦秋の一日。八甲田山に「紅葉」を観に出掛けました。酸ヶ湯の駐車場に車を止め、散歩がてらに地獄沼の方向に歩いていましたら、道の左側に、上の写真のような「三十三観音入口」の標識が目につきました。
 普段、信仰心などに縁がありませんがここなら簡単にまわることができるのではないかと思いました。山道なので滑らないように気をつけて歩き、一番から順に写真を撮って家に帰って並べてみました。

  ところで、なぜ「三十三観音」なのでしょう、
 物の本には、『観世音菩薩がすべての生き物を迷いから救い、さとりの世界へみちびくために三十三の姿に変身するということで、法華経の説いていることがらに基づいて中国及び近世日本で信仰されるようになったものです』と書かれていました。

酸ヶ湯の三十三観音像

一番:
楊柳(ようりゅう
二番:
竜頭(りゅうず)
三番:
持経(じきょう)
四番:
円光(えんこう)
五番:
遊戯(ゆげ)
六番:
白衣(びゃくえ)
七番:
蓮臥(れんが)
八番:
滝見(たきみ)
九番:
施薬(せやく)
十番:
魚籃(ぎょらん
十一番:
徳王(とくおう)
十二番:
水月(すいげつ)
十三番:
一葉(いちよう)
十四番:
青頸(しょうけい)
十五番:
威徳(いとく)
十六番:
延命(えんめい)
十七番:
衆宝(しゅうほう)
十八番:
岩戸(いわと)
十九番:
能静(のうじょう)
二十番:
阿褥(あのく)
二十一番:
阿摩提(あまだい)
二十二番:
葉衣(ようえ)
二十三番:
瑠璃(るり)
二十四番:
多羅尊(たらそん)
二十五番:
蛤蜊(こうり)
二十六番:
六時(ろくじ)
二十七番:
普悲(ふひ
二十八番:
馬郎婦(めろうふ)
二十九番:
合掌(がっしょう)
三十番:
一如(いちにょ)
三十一番:
不二(ふに)
三十二番:
持蓮(じれん)
 仏像によって使用した岩石が異なるらしく、写真のように色が異なっていたり、長い年月の間に岩石が風化し、苔むして観音様のお姿が不明瞭になってしまったものもたくさんありましたが、すべて廻り終えたことで満足でした。 皆様も一度いらっしってみたら如何でしょう。きっと清清しい気分になれますよ!
 (本格的に三十三観音参りをしたい方のためにはご存知のように四国の霊場がありますし、津軽にも久渡寺〜普門院までの三十三観音札所があります)


三十三番:
灑水(しゃすい)