青森市から国道4号線を十和田市方面に向かって車で走ること約1時間、野辺地町に入ります。上のような野辺地町表示のそばに「青森県歴史の道協議会」により建てられた記念碑があり、国道4号線は江戸時代に奥州街道と呼ばれていたことを示しています。
 奥州とは東北地方(みちのく)のこと。奥州街道は五街道の一つで江戸千住から三厩までです。(厳密には複雑)この道路は東海道に連なる太平洋側の縦貫路で、幕末には箱館(現在の表記は函館)や松前への交通のためにとても重要でした。
県歴史の道協議会による記念碑

 この記念碑の近くに南部藩と津軽藩の境界の目印として築かれた塚があり、誰でも憩える小公園になっていると言うので探してみることにしました。記念碑のそばの駐車場に車を止めると番所風の建物と木の門があり隣には(おぼえ)と書かれた高札(こうさつ)(命令などを書いて町のなかに立てた札)がありました。
 江戸時代。津軽は狩場沢に、南部は馬門に口留番所を設け旅人の出入りを取り締まっていましたので、これは当時の様子を再現して建てられました。
番所風の建物(トイレになっています)

 高札は二枚。上は当時の文面をそのまま、下はその解説で漢字にはフリガナをつけてあります。(要約すると次のようなことです)
 武具類や鉄製品、染料、(ろう)(うるし)、油、綿、麻、布、金属を延ばしたもの、お椀、木細工の材料、金属、硫黄、火薬、皮、人、牛馬など(南部の特産品)を手形なしに南部領内から他の領地へ持ち出すことを厳しく禁じると家老の連名で書かれています。
高   札
 浜への降り口には「藩境塚」県史跡であることを示す右のような標識があります。
 左が南部領を示すもの
 右の津軽藩の円柱には題字平内町長  船橋茂と書かれていて、菅江真澄の短歌が添えられています。
南部藩の表示 津軽藩の表示 短歌

塚は南部藩と津軽藩の境界の目印として2個ずつ築かれました。
 藩境は二本又川と烏帽子岳山頂を結ぶ線です
塚の前に立っている領分を示す柱の文字と藩境塚の由来を書いた看板

 野辺地湊は1765年から東北本線が開通するまで栄えました。藩境塚以外にも見るべき史跡は数多く残されていますので、機会があったらまた紹介します。