はじめに
 田舎館村は、黒石市と弘前市の中間、津軽平野の中央にある村で、人口8400人余りの良質な米のとれる豊かな村です。なかでも稲作の歴史は古く、「垂柳遺跡」からは、弥生時代中期(約2100年前)の水田跡が発見されました。これは北方稲作文化の歴史を塗り替える大発見でした。
 この村は、今でも稲作が盛んで、田んぼ1反歩(約1000㎡)あたりの米の収穫量で日本一をとったことがある、米作りの村です。
 ここでは、1993(平成5)年から、「お米」にこだわったイベント「稲作体験ツアー」が、行われています。そのイベントの一環として、農業の面白さをより多くの人に知ってもらうために、色の違う稲を使って稲文字を描いたのがきっかけとなって、年々図柄は細かく芸術性も高くなり、いつしか全国的な注目を集め、「田んぼアート」と呼ばれるようになりました。
 私どもは、2004(平成16)年から、毎年、楽しみにして見学させていただいています。
 ここ、数年は、平日に出掛けたにもかかわらず、見学に訪れる人はひきもきらず、展望台では見飽きることなくじっと眺めている人、感嘆の声を上げる人など感動の表現は様々です。たくさんの品種の稲で、複雑な図柄を表現しようと考え付いた人の創造力、遠近法によるバランスの正確さ、年毎に高度な作品に挑戦されていること、田植え・収穫などに、地域の人々だけでなく、県内外の多くの方々の参加・協力があり、その出来栄えはまさに驚嘆に値するなど、広く注目されているイベントで、年々有名になっています。
 次に、2011年の「竹取物語」の例で、田んぼアートの説明をします。

「原画を描く」と「下絵を描く」の2枚の図は、展望所で渡された説明用パンフレットから複写したものです。


 青森からは、まず黒石市に入り、国道102号線を弘前方面へ。弘前からは、黒石に向かって進むと、北側前方の田園の中にお城のような建物が見えてきます。田舎館村の役場です。田舎館は戦国時代南部氏系統の千徳氏の居城があっとたといわています。
 案内に従って、三階屋上の展望台(展望デッキ)に登ると、眼下に、田んぼアー広がります。また、2012(平成24)年からは、「道の駅いなかだて」のすぐ近く(道の駅駐車場から徒歩数分)に、二つ目の田んぼアートが作られ、立派な展望所も作られました。両展望所間の距離は、自動車で数分です。

田舎館村役場には、「展望室(天守閣六階)」と、2016年に新設された広い「展望台(展望デッキ)」があります。これらから眺められる田んぼアートを「第1たんぼアート」といいますが、「展望室(天守閣六階)」から見るより、新設された「展望台(展望デッキ)」から眺めた方が自然に見えるように、各品種の稲の植え方を設計しているようです。
田舎館村の道の駅近くにある展望所が、「弥生の里展望所」です。そこから眺められる田んぼアートを「第2田んぼアート」と言います。また、ここには、「小石を並べて作った絵画」も見られます。



 第1田んぼアートを楽しむ「展望台(展望デッキ)」。田舎館村役場
第2田んぼアートを楽しむ「弥生の里展望所」

田んぼアート

2018年
(7月13日撮影)

第1田んぼアート
『ローマの休日』

(アメリカ映画より二つのシーン)

 
第1田んぼアートの全景

 
二人乗りしたスクーターでローマ市内を疾走するアン王女(オー
ドリー・ヘプバーン)とアメリカ人新聞記者(ジョー・ブラッドリー)


 
ローマ観光地「真実の口」の前での二人


第2田んぼアート
『手塚治虫キャラクター』
(鉄腕アトム、ジャングル大帝、ブラックジャック、リボンの騎士の
4作品キャラクターと手塚治虫氏本人のキャラクター)

 
 


『小石を並べて描いた絵画』
石アート
美空ひばり

 
黒色・灰色・白色の小石と、一部、赤く着色した小石を使って描かれている大型の絵画
右手にあるのは短文芸コンテストの「最優秀作品」
第2田んぼアート展望席から撮影




2017年
(7月14日撮影)


第1田んぼアート
『ヤマタノオロチとすさのおのみこと』

 

 
八岐大蛇拡大図


第2田んぼアート
『桃太郎』

 


『小石を並べて描いた絵画』
石アート
Princess Diana (ダイアナ妃)

黒色・灰色・白色の小石と、一部、赤く着色した小石を使って描かれている大型の絵画
第2田んぼアート展望席から撮影





2016年
(9月2日撮影)

第1田んぼアート
『真田丸より 石田三成と真田昌幸 』



第2田んぼアート
『シン・ゴジラ』

 


『小石を並べて描いた絵画』
石アート
石原裕次郎

 
黒色・灰色・白色の小石で描かれている大型の絵画
右手にあるのは短文芸コンテストの「最優秀作品」


2015年
(9月3日撮影)

第1田んぼアート
『風と共に去りぬ』
 


第2田んぼアート
『スター・ウォーズ』
フォースの覚醒
 

 
展望所の掲示物複写


『小石を並べて描いた絵画』
石アート
高倉 健

 
黒色・灰色・白色の小石で描かれている大型の絵画
第2田んぼアート展望席から撮影





2014年
(7月14日撮影)

第1田んぼアート
『富士山と羽衣伝説』

 
 


第2田んぼアート
『サザエさん』
 


 使われた稲の品種
     
 つがるろまん  黄大国 紫大黒 
     
 緑大黒  ゆきあそび  べにあそび
     
あかねあそび   赤穂波  紫穂波
     
   青系174号  




2013年
(7月17日撮影)

第1田んぼアート
『花魁
(おいらん)とハリウッドスター』

 
花魁拡大図


第2田んぼアート
『ウルトラマン』






2012年
(7月22日撮影)

第1田んぼアート
『慈母観音と不動明王』

 
慈母観音拡大図


第2田んぼアート
『七福神』




2011年:『竹取物語』
 
(8月15日撮影)

使われた稲の品種
観賞用赤葉稲 オレンジ色稲. 黄稲
つがるロマン 深緑色稲 紫稲
観賞用白葉稲




2010年:『弁慶と義経』
 
(7月28日撮影)




2009年:『直江兼続とナポレオン』
 (8月6日撮影)
上は2枚の写真から合成した全景図

 直江兼続(1560~1619)上杉景勝の執政の一人として、財政、軍事外交、殖産興業、文化的業績などあらゆる方面に手腕を発揮した武将
 ナポレオン(1769~1821)フランス第一帝政の皇帝




2008年:『恵比寿様と大黒様』
 
(10月1日撮影)
大黒様 恵比寿様
 景気回復と明るい未来への願いを込めて植えられました。
大黒様の袋には色素の薄い稲を用いて白を表現したそうですが、
刈り取り間近に訪れたためあまりはっきりしませんでした。




2007年:葛飾北斎の『富嶽三十六景』
 (8月23日撮影)



神奈川沖浪裏 凱風快晴(赤富士)




2006年:俵屋宗達の『風神雷神図屏風』
 (8月21日撮影)
雷神 風神




2005年:東洲斎写楽と喜多川歌麿の『浮世絵』
 (8月9日撮影)
二代大谷鬼次の奴江戸兵衛 歌撰恋之部・深忍恋




2004年:棟方志功の版画より二点 
(8月9日撮影)
釈迦十大弟子羅睺羅の柵 山神妃の柵
田んぼアートには下記の4種類の稲が用いられています
   黄色の稲は古代米
   紫色の稲は古代から神事用に栽培
   緑色の稲はつがるロマン
   紅都、紅染。種もみが赤くなる餅米




2003年:モナ・リザ 
(会場に、過去の作品として展示されていたポスターより)
 
2003年には、まだ、田んぼアートのことをしりませんでした。2015年8月記入




2002年:岩木山とつがるロマン 
(会場に、過去の作品として展示されていたポスターより)
 
2002年には、まだ、田んぼアートのことをしりませんでした。2015年8月記入




田んぼの中には棟方志功が愛したといわれる白いオモダカの花が咲いていました。