青森駅から東北本線の普通列車に乗って約50分。野辺地駅で下車して駅前に出ると、すぐ目にするのが、左写真の常夜燈と呼ばれる燈籠の形をした造形物です。これは野辺地の文化遺産を広く知ってもらうために作られた、いわばレプリカで、本物は海辺の浜町にあるとのことです。散策にちょうど良い距離なので行って見ることにしました。

駅に隣接した野辺地町観光物産PRセンターで略地図を貰い出掛けました。

 ものの本によると、「17世紀後半以降、東廻航路・西廻航路の開発によって航行する船舶の量が増えました。その結果全国各地の港が賑わって、夜間に航行するため港の出入り口や要所に灯台としての「常夜灯」が設けられました。多くは石製の高灯楼の形をしたもので、廻船問屋や問屋商人たちの寄付によって作られました。これらの灯台は油皿に灯心をいれて、火を灯すもので、火力は乏しく風雨に弱かったのですが夜間航行の船の標識としては十分有効だった」と書かれています。
 野辺地湊の常夜燈は、文政10(1827)年 廻船問屋 野村治三郎が関西商人橘屋吉五郎の協力を得て海路を運んで建てたものです。毎年3月〜10月まで夜毎に灯がともされ、明治30年頃まで航海の安全を守る灯明台として港を行き交う船の安全に貢献してきました。


 今年(2007)。町制110周年を記念して、漁港環境整備事業として進められてきた常夜燈公園が6月22日にオープンされました。 


浜辺の風景 漁場に向かう船

少し雨模様だったせいか浜辺は静まり返っていました。

広い公園敷地 漁港の掲示板 沖合いの灯台


『野辺地湊と常夜燈に関する説明板


江戸時代の航路 尾去沢鉱山と野辺地湊/銅の道

町指定史跡 浜町の常夜燈

 公園内にある上の説明板の内容を要約すると次のようになります。
 野辺地湊発展のきっかけは、桧材の輸送で1649年頃江戸や大坂(現在の大阪)などに運ばれお寺や神社、大名屋敷などの建築材として使われました。次いで、繁栄をゆるぎないものとしたのが1765(明和2)年の銅の搬出でした。尾去沢鉱山から野辺地湊に集められた銅は御用銅(幕府が輸出用に取り扱った銅)として大坂へ回送し、製錬して長崎へ送られました。またこの頃南部藩の主要農産物の大豆、海産物も大坂へ送られました。明治初期〜30年頃は、浜役所、遠見番所、銅蔵、大豆蔵などの設備がありました。
 しかし1891(明治24)年、東北本線の開通により、湊の機能はしだいに衰え、常夜燈が、かつての野辺地湊の面影を伝えています。

常夜燈
 常夜燈は高さ380cm、基礎石の最下部220cm四方で、正面に「常夜燈」反対側に「金比羅大権現」側面に「文政十丁亥歳」と刻まれています。
 常夜燈は野辺地町の指定史跡(
平成9年4月23日指定)、町のシンボルですが、青森県に灯台の原点とも言うべきこのような史跡があることを誇りとし、大切に伝えていく必要があると感じています。