最近はインフラ(正しくはインフラストラクチャー:土台の意味)の整備が進み、道路、鉄道、港湾、通信、ガス、は勿論のこと、下水道の普及も目覚しいようです。
 そのため管路の途中に点検、掃除のための出入り用、また空気の取り入れ口としての穴が作られ、上に被せる蓋は路面を通過する車の重量に耐えられるように鋳鉄製や鉄筋コンクリート製のものが使用されています。これがマンホールの蓋です。
 小樽の町を散策していたとき、ふと目に留まったのが親子ラッコの可愛らしい模様がついている蓋でした。それ以来集めたものが幾つかありますので、ホームページにしてみようと思いました。(旧地名で書かれていましたのでそのまま表示しました)
(雨上がりのために濡れて斑なものがありますがご諒承下さい)

青森(ねぶた) 青森(武者の顔)

浪岡:野沢地区(バサラくん) 浪岡(リンゴ樹とハト)

弘前(市の紋章卍) 弘前(リンゴと市の紋章卍)

五所川原(虫送り) 板柳(リンゴの木)

大鰐(スキーを担いだワニ) 黒石(こけしに稲とリンゴ)

柏(岩木山とリンゴ) 福富(岩木山:ニンニクと稲)

尾上(松) 七戸(駒)

千曳(キジとサツキ) 東北町(駅伝)

下田(サケ) 十和田湖町(オシドリ)

十和田(馬の親子) 田舎館(垂柳遺跡・土器)

青森県以外

小樽(ラッコの親子) 多賀城(壺の碑)

高松(那須与一)

岡山(桃太郎) 二見(夫婦岩)

集めてみてマンホールの蓋は素敵な情報源だと思いました。