「魔笛」より


11月上旬の晴れた日。黒石市中野もみじ山を訪ねました。
ちょうどもみじは真っ盛り、筆舌に表し難い美しさです。


道しるべ
 青森市から約30km。弘前市から約24km。板留温泉のそば国道394号線にやすらぎの駐車帯があります。そこから東に国道を横切り、道しるべをたよりに人家の間の細い道を通って中野川のほとりに出ると錦に彩られた美しいもみじ山が眼前に広がります。
やすらぎの駐車帯
中野川のせせらぎと朱塗りの欄干が美しさを添える   

 中野もみじ山には不動の滝、中野神社、観楓台、大町桂月の文芸碑、黒石市の天然記念物に指定されている樹齢500年を超える3本の杉など見所も多く、遊歩道も完備しており、もみじの季節は言うに及ばず春や夏も散策には最高の場所です。
 中野神社の境内のもみじは、享和2年弘前藩主津軽寧親(やすちか)公が京都から楓の苗木約百余種類を取り寄せて中野不動尊に奉納。翌年三本をここに移植しました。それ以来有名になり、京都の「嵐山」に対して「小嵐山」と呼ばれるようになったと伝えられています。

お札売り場(木に結んだおみくじ) 鳥居をくぐるとたくさんの出店が 不動の滝

津軽寧親公お手植えの京都の楓 きざはしの上の鳥居 中野神社本殿

黒石市指定天然記念物 観楓台へのつり橋 大町桂月の文芸碑

(文芸碑には次のような短歌が一首記されています)
ひとしほの木の葉は散りて散り残る
                 楓の山の美しきかな
  (大町桂月)




くれないに輝く美しさを瞼に焼き付けて中野もみじ山を後にしました。

木枯らしが吹けば風景は一夜にして変貌することでしょう。
間もなく、青森には冬が足早にやってきます。