一ヶ月に一度位、県内のあちこちをドライブしたくなってふらりと出掛けています。そんなときは必ずカメラを持って行き面白いものがあれば写して楽しんでいます。今回は趣向を凝らした橋の欄干がいくつか集まりましたので、ホームページを作ることにしました。
 
(欄干とは、辞書によると階段や橋の手すりのことなので「親柱」と言う呼び名が正しいのでしょうか?素人には欄干と言う方が分かりやすいように思われましたのでタイトルに用いました。誤っていましたらお許し下さい)



 青森県の竜飛というと、全国的にも有名ですが、本州西側の最北端です。竜飛灯台があり、青函トンネルの本州側の起点です。
 竜飛灯台の南側の丘に、「文学碑の丘」があり、多くの作家の記念碑がありますが、そこに到る道路は、「太宰の道」といわれ、そこに「龍見橋」とう見事な橋が掛けられています。
竜飛崎の文学碑の丘に到る谷間に架かる龍見橋



 弘前市石川の平川に架かっている御幸橋です。青森県の形、陸奥湾をりんごの形にくり抜いている点、心憎いまでにユニークなデザインだと思いませんか?
平川に架かる御幸橋



 おがわら湖道の駅(ここには季節野菜の他、加工食品類、そして小川原湖でとれるシラウオやワカサギ、シジミカイ、秋には菱の実など珍しいものも売られています)に出掛けたとき途中の川に架かる橋を見つけました。
 千代紙で作った姉様人形の模様。右下に「てんまのみよこ」の文字が読めました。明治時代に天間林村に生れた実在の女性で辛く貧しかった時代に明るく生き抜き、現在も町民のシンボル的女性として大切に伝えられていると友人が話してくれました。
東北町赤川に架かる赤川橋

 赤川橋からほぼ1kmほど南に高瀬川に架かる橋があります。高瀬川は七戸川とも呼ばれ坪川と合流して小川原湖に注いでいます。(右は小川原湖の形に稲穂のデザイン)
高瀬川に架かる二ッ森橋

 さらに南に約2km進むと「ヘラブナ」で有名な花切川にさしかかります。ヘラブナとはゲンゴロウブナを人工養殖したもので、からだが平たいフナのこと。釣堀用なのでこの川では釣り大会も行われます。 また土手には千本桜が植えられており春には大勢の人で賑わいます。
花切川に架かるはなきりばし



 五所川原市の「立佞武多:たちねぶたを一度見たいと思っていましたので出掛けてみました。建設途中の津軽自動車道を通って五所川原東ICで降り、県道156号線を北上すると、右手に松野木川が流れていて、平成13年12月竣工の比較的新しい橋が見えてきます。ここは米田と言う地区です。
  ここの交差点は見通しがよく左折するとショッピング・モールのあるエルムの町なので、交通量も多く心理的にスピードを出したくなる地点らしく、事故に注意の警告表示があります。
松野木川に架かる米田橋(左は岩木山と虫:右は五所川原市の花ノハナショウブ)

 エルムは五所川原の木ハルニレのこと。街路樹はエルムではなく、「御所川原」と言う品種名の赤いリンゴの木です。わせ種なのでしょうか9月上旬〜中旬頃にはすべて収穫され、ワインやジャム、ジュースなどに加工されます。
 市の中心部とショッピング・モールの間を旧十川が流れています。ここに架けられているのが近代的な感じの「えるむ大橋」で、中央分離帯の飾りは虫おくりの虫です。
旧十川に架かるえるむ大橋

 五所川原市の西には有名な一級河川岩木川が流れていて二本の橋が架けられています。
五所川原大橋の両端には、夏祭り「虫おくり」の主役である虫の彫像が施されています。虫おくりは360年ほど前、稲の害虫が大発生したことに由来し、五穀豊穣を願う行事として立佞武多、フィナーレを飾る花火とともに8月の上旬に行われます。
 また橋の中ほどに柏にある「日本最古のリンゴ樹と岩木山」「虫おくりと火まつり」をかたどった装飾板が嵌め込まれています。川の眺めも美しく両側に歩道もありますので、下車しての散策も楽しめます。
岩木川に架かる五所川原大橋
日本最古のりんご樹と岩木山 虫おくりと火まつり

 町の北西の方角に架かっているのが乾(いぬい)橋です。(昔、方位を表すのに十二支が用いられていて北が子から始まり、順にあてはめると北西が戌亥となり、乾と書き表すことになっていました)
 ここには石に浮き彫りし、美しく彩色された立佞武多の絵があり、宣伝に一役買っているようでした。
岩木川に架かる乾橋



 鶴の舞橋を見たいと思い津軽富士見湖に行きました。県道153号線を通って岩木川を渡ったとき欄干の上に素晴らしい鶴のモニュメントをみつけました。まさに鶴田町と言った感じです。
岩木川に架かる鶴寿橋の二羽の鶴(どちらが雄・雌?)

 中泊町(旧小泊村)にはライオンが寝そべっているような形の島があることから、ライオン海道と名付けられた平成11年12月竣工の二つの橋があります。手前がライオンゲイトブリッジ、次がライオンベイブリッジです。欄干の上の彫像は親ライオン、子どものライオンなど作者がそれぞれに思いを込めて作った見応えのある芸術作品です。
親ライオン 子どものライオン

  改めて写真を眺めると、いろいろな所に思いがけない情報があることがわかります。これらも青森の大切な遺産ではないでしょうか?今後も機会あるごとに集めるつもりです。そしてもっと多くの人に知って欲しいと思っています。