私達のルーツを尋ねて◆

      平成6年
 7月。三内丸山の古代遺跡は5000年の眠りから目覚め、私達の前に縄文時代に花開いた文化の片鱗を覗かせてくれました。
 現在、発掘当時の面影はありませんが大型掘立柱建物や住居などが復元され、盛土や土坑墓などは一部を残して保存のために埋め戻されました。

 8月上旬には一般人の見学が許可され暑いさなか連日大勢の人が訪れて熱心に係りの人の説明を聞きました。
平成9年国の特別史跡に指定
   見学時間  9:00〜17:00   
   見 学   無料
  青森駅から免許センター行きのバス で約20分三内丸山遺跡下車。車の場合は案内標識があちこちに ありますので、それに従って下さい。
  ガイドによる説明があります

 展示室にはヒスイの装身具、黒曜石で作ったナイフ、板状土偶、さまざまの形をした土器、植物の種子などの出土品が陳列されています。


三内丸山遺跡は青森県総合運動公園内に野球場を建設していた際発見されたもので面積39ヘクタールという日本最大の縄文集落跡です。
発掘が進むにつれて縄文時代の常識を超える出土品が続々と発見されました。


平 成 6 年 発 掘 当 時 の 様 子

 平成6年8月6日非常に暑い日でしたが見学者の列は延々と続き途切れることがありませんでした。  巨大木柱直径約1mのくりの木の柱が4.2m間隔で6本発見され、下のような構築物の跡と想定されました。  北盛土 柱穴を掘ったときの残土、排土 土器や石器などを繰り返し捨てた場所と考えられています。



復 元 さ れ た 現 在 の 様 

  北盛土
 柱穴を掘ったときの残土、排土 土器や石器などを繰り返し捨てた場所と考えられています。
   大型掘立柱建物
  構築物についてさまざまな説があり、用途についてもよくわかっていませんが、祭祀的な色彩の強い複合的な目的をもった非日常的公共施設を想定して復元しました。
   竪穴住居
 住居は地面を掘って床を作り、その中央には炉を設け、屋根は円錐形にふいていました。現在599棟確認されています。


 他に共同作業所、集会所、穀物の貯蔵倉庫などがあったと思われる跡や、お墓も見つかっています。展示室の奥には縄文人の生活を体験出来るコーナーもあります。遺跡調査は現在も続いており発掘現場見学もできます。