天王神社は「すさのおのみこと」とおきさき「櫛稲田姫命」とその御子「八王子」を併せておまつりしている神社で、勧善懲悪、安穏長寿、五穀豊穣を司る神様です。
 天王様の愛称で、七戸をはじめ近郷近在の人々の代々の信仰を集めています。
戦後、上泉華陽画伯の呼びかけでつつじの名木500本が寄進され観光名所となりました。満山を彩るつつじは樹齢300年。毎年5月中旬に「つつじ祭り」が催されます。
 

正面には階段、ゆっくり登るなら左手に女坂があります。
階段(登り) 階段(降り) 女坂

登り詰めると神殿があります


つつじ祭りに協賛して飾られた短冊

ピンク色のつつじ 出店せ 七戸町眺望 白色のつつじ
  赤い山つつじの他によく見ると(品種名は不明ですが)ピンクや白いつつじもあります。お祭り期間中は境に南部名物の「けいらん」や「じゅーね餅」が食べられるお店が出ますし、七戸町の眺望を楽しむことも出来ます。
 また時間に余裕のある方には七戸城跡散策もお勧めです。



さまざまな絵馬飾りそして夜にはライトアップ5月には是非どうぞ!