12月に入り好天の続いたある日『鶴の舞橋』を見に出掛けました。鶴の舞橋は鶴田町にある廻堰大溜池(愛称:津軽富士見湖)と呼ばれる人造湖に架けられた橋です。形はユニークで鶴が羽を広げたようなアーチ形をしており、日本一長いといわれる木製の橋です。橋の下の部分は水が大分干上がっていました。
 しかし、翌年の7月に行ってみましたら、橋の下にも水がいっぱいでした。そして、橋の上から見えるところに、雄のカンムリカイツムリが一羽、泳いだり、もぐったりしていました。また、岸辺ではウシガエルが ウー・ウー と鳴いていました。

案 内 図


 青森から国道339号線を目指して進むと、頂上にうっすらと雪を頂いた岩木山が見えました。ややしばらく行くと田んぼで餌を啄ばんでいる白鳥に出会いました。水に浮かんでいるととても優雅な鳥も、田の中をヨチヨチ歩いていると何ともブザマで滑稽です。

 小湊の白鳥は人に馴れていて餌を貰いに寄って来るのに、ここの白鳥は警戒心が強く人を見るとすぐに遠ざかるように歩き出しました。
 道の駅で一休みし、西に向かったときつるどまり駅に列車が入ってきました。
うっすらと雪を頂いた岩木山 田んぼで餌を啄ばむ白鳥
 菖蒲川北口で右折して鶴田中の前を通り、次の信号を左折すると岩木川に架かる鶴寿橋に出ます。欄干のモニュメントが鶴のデザインで左右対になっているのが面白いと思いました。
五能線つるどまり駅 鶴寿橋のモニュメント

ここまで来ると廻堰大溜池はもうすぐです


『鶴の舞橋』の概要 水鳥の群 鶴の舞橋(富士見湖パーク側より)
 廻堰大溜池は津軽4代藩主信政が柏村地方の用水補給のため1660年から5ヵ年をかけて完成させたものです。その後何度も補修工事が行われ貯水量1,100万トン。満水面積281ヘクタールと県内で最も大きな人造湖となりました。日本でも有数の大きな溜池で淡水魚や野鳥の宝庫としても有名です。現在は農水省の管轄になっています。
 『鶴の舞橋』は全長300m。幅3m。橋脚は直径30cm(樹齢150年以上)の県産ひばで、長さ100mの3つの太鼓橋で出来ています。
 総工費は2億6000万円。工期は平成3年10月〜平成6年7月で7月8日に開通。名称は県内の公募により決められました。

 下の写真で、雲がかかった遠くの山は岩木山です。


 橋を渡って丹頂鶴自然公園に行くと金網で作られた飼育場があり、5つがいの丹頂鶴が仲良く暮らしています。
 東京都多摩動物公園から借りているもの、 1992年中国黒竜江省から寄贈された雄の鶴太郎。ロシア連邦アムール州ヒガンスキー国立自然保護区から寄贈された鶴香、フジコ、ここで生まれた鶴吉など 1羽ごとに名前がつけられています。
並んで羽づくろいするつがい まだ若い丹頂鶴

丹頂鶴鎮魂碑
 不幸にもここで命を落とした鶴もいますので、その霊を慰めるために造られた鎮魂の碑が敷地の一角に建っています。この美しい魅力的な鳥が、「鶴は千年」の諺のように長生きして欲しいと思いながら『鶴の舞橋』を後にしました