冬の水鳥

オオハクチョウ(マウスポインタをのせてください)



ゆうゆうと泳ぐオオハクチョウの群れ オオハクチョウに餌をやる幼稚園児たち 仲睦まじいカップル

 平内町の浅所海岸は、昔から国の特別天然記念物『ハクチョウ』の渡来地として有名でした。今から40年ほど前。“コーコー”という鳴き声が微かに聞こえ、姿はかろうじて確認できるほどの遥か遠い沖合いに、白いかたまりが浮かんでいるような感じに群れていたのを覚えています。
 現在は餌付けをすれば人の手から直接餌を食べるほど馴れて、青森県内では下田町の間木堤、鶴田町の津軽富士見湖、岩木川、平川、野内川、奥入瀬川、浅瀬石川、小川原湖など飛来地も増え、多くの人に親しまれる鳥になっています。



「ハクチョウ」のほかに冬鳥として日本に渡ってくる鳥はたくさんいます。
ただし、下の写真のオシドリは弘前公園で、自然繁殖しているものです。
オシドリ(♂) キンクロハジロ(♂・♀) ホシハジロ(♂) ヒドリガモ(♂・♀) コガモ(♂)

場所によっては、いろいろな種類とその番(雌雄一組)を一度に観察することができます。
写真の一番上の鳥にカモメと書いていますが、くちばしの先端部が黒くないのでそのように
書きました。飛び立つところを見られませんでしたので、尾羽の観察はできませんでした。
違っていましたらお許しを。ウミネコもいましたが、写真には写っていません。

 冬に夏泊半島を一周すると繁殖期に白神山地の奥で見られるというノシリガモに出会うこともあります。小雪交じりの風の強い日でした。カメラを向けると一斉に沖へ泳ぎ出し、シャッターチャンスを逃したのを残念に思っています。
 ウミアイサは久慈ノ浜を通るといつも殆ど同じ場所にいますが遠い沖合いなので良い写真が撮れません。頭の上の冠毛がボサボサで潜るのが得意。見ていて飽きません。
ウミアイサ(♂)




2004年。間木堤に「コクチョウ」が来ているというニュースが新聞に載りました。

コクチョウ 3月11日に見に行ったときの写真です。 コブハクチョウ これはヨーロッパのハクチョウです。
弘前公園で飼育されているものです。

 コクチョウはオーストラリアに棲息している留鳥です。昨年オーストラリアのパースに行ったときモンガー湖で見かけましたが、とても遠くにいたためシルエットの感じで、羽の色がよくわかりませんでした。
 間木堤では、人気者になっていて皆がそばに行って餌を与えていました。何処かの動物園からでも逃げてきたのでしょうか、とても人に馴れていました。
 チャイコフスキーのバレー「白鳥の湖」では、オデット姫が白鳥にされますが、そのモデルはヨーロッパに住むコブハクチョウでしょうか? すばらしく優雅にみえます。
 また、魔女の娘、黒鳥のモデルは、このコクチョウでしょうか、よく見ると怖い顔をしています。
 このコブハクチョウもまれに青森県に飛来することがあります。 

ハクチョウとも仲良し?ただし、これはオオハクチョウです。 たくさんの水鳥に囲まれて

たった1羽なのにゆうゆうとしていて寂しそうな感じはありませんでした。