青森市の中心部から車で国道4号を東に約30分ほど進むと右手に写真(上左)のようなエントランスモニュメントが見えてきます。この信号から右折するとまもなく夜越山森林公園の入り口です。(写真右)
 入園料を払って中に入ると、広大な敷地に「サボテン園」「洋ラン園」など12棟の温室をはじめ、スキー場、オートキャンプ場・ケビンハウス、温泉その他年齢を問わず誰もが楽しめるたくさんの施設、設備があります。

真冬の寒さをひと時忘れさせてくれる百花繚乱の温室をご紹介します。

ソテツ コージリネ ハナキリン さまざまなサボテン

カトレア

バンダ
オンシジウム ファレノプシス パフィオペディラム シンビジウム

 @〜C「サボテン温室」より (ここには約3,000種類の植物が栽培されています)
根や茎、葉などの組織が肥大化して水を蓄え乾燥に耐えられるようになった植物は多肉植物と呼ばれています
サボテンは多肉植物の仲間で3,000種以上あり、南北アメリカとその周辺の島の乾燥地帯に自生しています
  @ソテツ  暖地の海岸などに生える常緑低木。茎の表面にうろこ状の葉の落ちた跡があります。雌雄異株植物です
  Aコージリネ  英名はドラセナ。多肉質の根茎を持っていて、熱帯地方では庭木として用いています
  Bハナキリン  マダガスカル原産。ポインセチアの仲間です。タイではとげを魔よけのシンボルとして珍重しています
  C球サボテンや柱サボテンを左右に見て通路を歩いているとアメリカの砂漠にいるような錯覚におそわれます

 D〜Iは「洋ラン温室」中央の写真は正面全景
  中・南米、アジア、アフリカはランの三大生産地です (最盛期には250〜300本のランが咲き競います)
 ラン科植物は種類が多く原種だけでも25,000種以上あると言われており、世界中の全植物の約1割を占めています
 人気の高いエピデンドラム、カトレア、リカステ、ミルトニア、オンシジウムは中南米に自生しているランです
 Dカトレア  ランの女王。洋ランの代名詞として使われるほど華やかで、近縁雑種がたくさん作出されています
 Eバンダ  東南アジアに自生する着生種で約70種あります。高温多湿を好み、家庭室内での栽培は難しい植物です
 Fオンシジウム  リップが広く女性の踊る姿に似ているので「ダンシングレディー」の別名があり、家庭栽培容易です
 Gファレノプシス 別名「胡蝶蘭」台湾〜オーストラリア北部まで分布。約40種。室温は15℃以上に保つ必要があります
 Hパフィオペディラム 原種は東南アジア一帯に分布約30種。略称パフ、リップが袋状なので通称はレディー・スリッパ
 Iシンビジウム 東南アジア一帯に自生。約70種。原種をもとに交配種の作出が多く、最も多く栽培されているランです



Agave venezuela (アガベ ベネズエラ)

リュウゼツラン科 アガベ属で、温室内で入手してから
50年ほど経った2004年開花しました。
原産地はアメリカ南部、メキシコ、中米、南米北部、西インド諸島など
花穂が4m以上になる驚異的な最長植物です。

2004年12月1日撮影 2005年3月20日撮影(倒れる寸前?)



Agave americana var. marginata aurea (アガベ ’オーレア’)

リュウゼツラン科 アガベ属で、開花するまで30年以上かかりました。
イギリスでは長い年月を要するためセンチュリー・プラントの別名があります。
2006年9月に花茎が伸び始め、11月末に2mを超え、
翌2007年2月3日に最初の花が開きました。
 2006年11月    全長190cm  花茎160cm
 2006年12月4日     273cm  花茎243cm
 2007年 1月        343cm  花茎313cm
 

花が終わると枯死します