はるかに続く林檎の道
アップル・ロード
弘前市


 弘前市は昔から津軽地帯の経済・政治・文化の中心地です。したがって、交通網も弘前市を起点・終点として道路が放射状に発達していました。津軽は日本一のりんごの生産地ですが、出荷には弘前市内の繁華街を通過しなければならず、交通渋滞に悩まされていました。
 
その障害を解消するためには、弘前市を中心に放射状に発達した道路を横断し、幹線道路に直接連絡する道路を作る必要がありましたので、昭和46年度から、当時の岩木町、相馬村、弘前市西南部のりんご生産地域の道路と国道7号線を結ぶ新しい道路の建設が始まりました。

アップルロードへの案内図
この図は概念図です。道路や川などの方向性、距離などは地図で調べて下さい。

 工事は昭和54年度に完成し、地域の産業に大きく貢献しています。上図の、緑色で示した約22kmの道路がそれです。建設当時は弘前市・岩木町・相馬村に分かれていたアップルロードは、
2006(平成18)年2月27日からは市町村合併により、すべて弘前市となりました。
 春にはりんごの花、秋はみごとな各種のりんごの果実の数々、霊峰岩木山と、素晴しいところです。立派に舗装整備された広域営農団地農道で、りんご畑のど真ん中をどこまでも続く道ですからアップルロードといわれます。 国、県、市などで維持管理が行われています。
 定期バスはありませんので、自動車に乗らなければ見学は難しいと思います。

 アップルロードへは、案内図のように、
@  国道7号線のA地点から曲がり、アップル大橋(2010年12月24日開通)を渡ってから直進するか、
A  弘前市中心部から岩木橋を渡って百沢に行く途中のB点から、高照神社方面とは反対側に曲がります。

 高速道路でおいでの方は、東北自動車道「大鰐弘前IC」から国道7号線へ降りて下さい。

 アップルロードとは、しゃれた名前です。農道なのですが、りんごの見学や観光にうってつけの道でもあります。誰が名付けたのでしょうか。
 秋には、いたるところで、たわわに実ったりんごが見られます。こんなに実って樹が大丈夫なのと驚くほどです。春の花も素晴しく、そして四季を通じて岩木山がきれいです。

 道の駅ひろさき (サンフェスタいしかわ)、林檎の森(旧相馬村)、アグリマート四季彩館(旧岩木町) などの直売所があり、いろいろな品種のりんごや地元の産物も安く売られています。ぜひ一度訪ねてみて下さい。

ふ じ 陸 奥
王 林 ジョナゴールド