土の中の力持ち
りんごの台木
栽培のための基礎作りは、世界各地のリンゴ研究機関で営々と続けられてきました

1.台木として使われてきた植物

 
リンゴの各品種は、体細胞が突然変異して生じた枝変わりや、交配の結果生じた多数の実生から目的に近いただ一個の個体を選択して生じたものですから、種子で増やすことはできません。また、栽培されているリンゴは挿し木や取り木をしても、発根しませんので、いままでは接ぎ木だけで増やしてきた植物です。接ぎ木の方法は、下の写真の通りです。


 その接ぎ木の台木として青森県で昔から使われてきた植物には次のようなものがあります。いずれもリンゴ属Malusです。



  ズミ 別名 ミツバカイドウ
   Malus sieboldii Rehder

 標準和名はズミです。樹皮を染料に用いたのでスミ(染み)が転化したものと言われます。しかし、リンゴ関係者間ではミツバカイドウまたはサナシとしても知られています。この他に、ヤマナシコリンゴミヤマカイドウなどの別名があり、甲信越地方から東北、北海道にわたって自生する野生種です。
 青森県にもたくさん自生していて、栽培りんごに似た白い花をたくさん咲かせる高木です。花の季節に国道4号線を車で走ると、車窓からでもよく見かけます。十和田・八甲田山麓、田代平などでは低木状のものが多く、レンゲツツジより数日早く花を咲かせます。
 環境によって低木状にも、10mほどの高木にもなります。新梢につく葉には裂片葉が見られ、果実からは萼片が離脱して落ちてしまいます。
 ミツバカイドウは挿し木や取り木などの栄養繁殖ができませんので、実生から育てた若木が台木として使われました。この植物の、果実も種子も小さく扱いにくく、実生の生育は不揃いで、台木を育てるのに苦労したようです。
 もちろん、栽培リンゴそのものの実生も台木として試用されました。リンゴ実生台は変異が大きいこと、果実品質が不良(青実が多く、糖度が低い)になることがあり、穂木は大きく成長しますが、日本では実用にはなりませんでした。
 ミツバカイドウ台木に接がれた穂木は、リンゴ実生台のもの同様大きく育ち、接ぎ木してから結実開始までに長時間を要してしまいます。しかし、果実の品質低下がありませんでしたので、リンゴ栽培の初期には、台木として広く使われました。

 エゾノコリンゴ 
   Malus baccata
Borkhausen var. mandshurica C.K.Schneider
 主に大陸に自生する、寒さに強い野生のリンゴです。日本では北海道にたくさん見られ、人家に植えられたり、並木にしたりします。
 青森県では、自然状態では、下北半島と三戸郡の太平洋側の極く限られた地域にしか分布しませんが、過去に台木として使われたことがあるらしく、古いリンゴ畑跡地に、時々見られることがあります。

   マルバカイドウ 
   Malus prunifolia
Borkhausen var. ringo Asami 

 シベリア、中国北部で広く分布するヒメリンゴ(別名イヌリンゴMalus prunifolia Borkhausen の変種です。日本では稀に庭園に栽培されていますが自生のものは見られません。変異が多く、江戸時代から鑑賞樹として栽培されているウケザキカイドウ(別名ベニリンゴリンキMalus prunifolia Borkhausen var. rinki Reld.もこの仲間です。セイシキミノイヌリンゴなどの別名があり、葉は広楕円形で裂片葉は生じませんし、果実の萼が離脱することはありません。 また、線虫に対して完全な免疫性があります。
 マルバカイドウには
直立形(立ち形)と下垂形(垂れ形)の二つのタイプがあります。
 直立形はたくさん花をつけ、実をならせますが、挿し木ではあまり増殖できません。
 下垂形は、写真のように、葉の形が掌を少しつぼめたようで表面の光沢がやや強く、若い枝が下垂し、花をあまり付けませんが、挿し木で容易に増殖できますので、日本ではミツバカイドウに代わってマルバカイドウの下垂形が、台木として広く使われるようになりました。
 面白いことに、下垂形からときどき枝変わりによって直立形の枝が生じます。そのときは、その枝に花を付け実をならせます。直立形からも下垂形が生ずることがありますがこの方向への変化はごく稀です。 



2. 矮化栽培の始まり

 リンゴは元来大きな樹木になる植物です。大きい樹ですと、管理がとかく大変です。もっとこじんまりした小さな樹として、楽に管理したいという願いが栽培家の間にありました。
 台木は穂木にいろいろな影響を及ぼします。できれば、穂木を病気・害虫や不良環境にも強く、しかもこじんまりとした管理しやすい形に成長させ、穂木品種のもつ特性を発揮させて立派な果実をつけるようにする台木が欲しいわけです。
 その願いが、世界各地のリンゴに関する試験場の地道な努力の結果による台木専用品種の分類整理と新しい品種の開発へとつながります。


M系台木
 イギリスのイースト・モーリング試験場のHatton氏らが、1912(大正元)年頃から、ヨーロッパで古くから台木として使われていたりんご、主として Malus pumila Miller var. paradisiaca Schneider のいろいろな系統のうち栄養繁殖できるものを分類・整理し、イースト・モーリング試験場の所在地 East Malling の頭文字から M系 としました。例えば、1879(明治12)年頃、フランスで実生の中から選別されて、Jaune de Metze または Yellow Paradise of Metze と呼ばれて実用化されていた系統はM.9 としています。
 Hatton氏らは、台木に接がれた穂木の成長状態から、台木を矮性、半矮性、半強性、強性に分類し、1930(昭和5)年から1945(昭和20)年までにM.1〜M.27の各系統を発表しています。
 M系は、1955(昭和30)年代に日本に移入され、リンゴ栽培家の間に矮化栽培ブームが起こり、各地で矮化栽培が行われるようになりました。
 日本での矮化栽培では、約80%はM.26台が、ついでM.9台や、次に述べるMM106台が使われています。
  しかし、これらのM系の台木を使って、リンゴの苗を作る効率は決して高いわけではありません。
 M系は栄養繁殖できるものを選抜したといいましたが、「取り木」はできるのですが、「挿し木」ができないのです。
 したがってマルバカイドウのように、「挿し木」で台木を増やし、それに目的の品種の枝を「接ぎ木」するという方法では苗の生産ができません。

 矮化栽培をするためには、上のような「取り木」でM系台木をつくり、これに下のように目的とする品種を穂木として「接ぎ木」するか、二重台方式(下図右端の接ぎ方)にして M系からも発根をさせなければなりません。
 しかし、これでは苗生産に非常に手間と時間がかかりますので、中間台方式のように、挿し木で増やしたマルバカイドウ台にM系の枝を中間台として接木したものにさらに穂木を接木する方法がとられることがあります。そのため、また定植後に問題が生じることがあります。

MM系台木
 1928(昭和3)年、イギリスのMertonにあったジョン・インネス試験場のCrane氏とイースト・モーリング試験場のTydeman氏らの共同研究によって、ワタムシ抵抗性台木育成を主な目的に、M系とNorthern Spy(日本名は「君が袖ワタムシ耐性品種」を交配し、選抜したのがモーリング・マートン台すなわちMM系台木です。
 MM101〜MM115の15系統が公表されています。現在、MM106台が秋田県や青森県の一部で使用されています。この系統も挿し木による増殖はできません。

EMLA(エムラー)
 M系、MM系の台木の中にはウイルスを含むものがありますが、East Malling試験場と Long Ashton試験場の共同研究から、ウイルスを全く含まない台木が生産されました。
 M、MM系の台木のうち、ウイルスを全く含まないものを、両試験場の名前の頭4文字をとって、エムラー(EMLA)台木といい、M.26 EMLA 、MM106 EMLAのように表します。
 この他に、Merton、CG、MAC、P、Budagovasky、Dab、Ottawaなどの各系統の台木が知られています。


3. 挿し木で増殖できる台木の開発

 M系やMM系の出現はリンゴ栽培の方法に大きい影響を及ぼしましたが、この台木の最大の欠点は、挿し木繁殖できないことです。そこで日本では矮化作用があり、しかも、挿し木繁殖ができる台木の開発が行われました。

JM
 農水省果樹試験場リンゴ支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)では、挿し木繁殖が可能で生産力に優れる矮性台木の育成に1972(昭和47) 年から取り組んできました。

 1999(平成11)年にJM1号、7号、8号が、2000(平成12)年に、JM2号、5号がそれぞれ農林登録され、極矮性から半矮性までの、挿し木繁殖の可能な台木がJMシリーズとして揃いました。
 これらの台木は、1972(昭和47)年にマルバカイドウにM.9を交雑して生じた実生について選抜を進め、1985(昭和60)年から系統適応試験検定試験を行ったものです。
 JMにもいろいろな系統がありますが、おのおの矮化能力が異なります。JM5は極矮性、JM1、JM7、JM8は矮性、JM2は半矮性の台木です。これらはすべて挿し木によって簡単に繁殖できるものです。挿し木によって増やすことができるリンゴの矮性台木が作られたのは、このJM系が世界で初めてです。
 JM7の果実と葉を紹介します。台木ですから、普通は葉や果実を見る機会がありませんが、りんご試験場にお願いして撮影させていただきました。きれいな果実です。うまそうな香りがしましたので食べてみましたが、やはり台木専用の品種でした。食用にはなりません。

青台3
 1975(昭和50)年に青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)で、マルバカイドウ(直立形)にM.9を交配して育成した120個体の実生の中から、挿し木繁殖率が高い矮性台木として選抜たものです。
 現地適応試験を行い、1997(平成9)年にその特性が安定していることを確認して育成を完了しました。2001(平成13)年に、青台3(あおだい3)として品種登録されました。
 挿し木繁殖でき、矮化作用があり、早期結実性で、穂木果実の品質も優れ、今後期待される最新台木です。
 右は青台3の写真です。まだ、圃場に栽植してある種苗の樹齢が少ないせいでしょうか、実がなっていませんので、葉だけを紹介します。マルバカイドウ下垂形に似た形の葉です。枝も少し下垂するようです。

 JM系青台3台木ですから、普通は葉を見る機会がありません。根の部分だけが土中で黙々と働いているだけです。



4. 矮化作用の強さ比較

 下に、台木の種類による矮化効果を載せましたが、これらは土壌条件、栽培方法、穂木の品種などにより異なります。
また、矮化作用の強さを、何で表すかによって結果が異なります。樹高、枝の広がり、幹の太さなどで矮化作用の強さの比較値が変わって来ますので、一応の目安と考えて下さい。

 青台3JM1JM7は、前述のようにいずれも挿し木繁殖ができますが、挿し木繁殖性は
           マルバカイドウ=JM7>JM1>青台3
 の順と考えられます。圃場に直接挿した場合のJM7成功率は、マルバカイドウと同じ程度で約90%ですが、青台3では約45%です。
 苗木にどのような台木を使用したかは、栽培家にとっては絶対に必要な知識です。ですから果樹苗木カタログには、多くの場合、果実の写真とともに右のように台木が記載されています(野村園芸農場2,004年カタログ)。
 丸葉台とあるのは、お分かりのようにマルバカイドウを台木にしてありますよという意味です。AO3台青台3を省略したものです。


 この記事の作成に当たって、青森県りんご試験場(現・青森県りんご研究所)の皆さんからご指導をいただきました。また、マルバカイドウ、JM7、青台3 の写真は同試験場圃場のものを撮影させていただきました。

 (文献)  1  原色樹木大図鑑 北隆館 昭和60年5月31日 初版
   2  原色日本植物図鑑 木本編〔U〕 保育社 昭和54年12月1日 初版二刷
   3  吉田義雄 りんご育種をめぐる諸問題 農業および園芸 第61巻 9号〜12号 1986年
   4  農林水産研究文献解題 22 果樹栽培の低コスト・省力化技術 平成11年1月
 
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/kaidai/kankouitiran/ichiran.html
   5  新谷潤一 青台3、JM台木の特性 青森りんご21世紀会編
                                  平成16年度参観デー資料集 pp45〜50