西洋りんご、見参、見参

弘前市相良町


 2011(平成23)年10月に、弘前市相良町の山野茂樹氏邸跡(弘前大学医学部構内
(注))に、青森県で最初に西洋リンゴが生った場所として、下のような記念碑が建てられました。
 (注)大学構内ですが、いつでも自由に出入りできる場所です。
 

 碑の表には下図右のような、碑文が、裏面には、左のような説明文があります。

 

 明治政府は、日本に新しい産業を興さないと列国に伍して行けないと、多様な政策を実施します。その一環として、明治4年から、外国のいろいろな果樹の苗木を大量に移入し、国内で増殖。その増殖した苗木を1874(明治 7 )年から1876(明治 9 )年にかけて全国に配布します。それを担当した官庁が、内務省の勧業寮でした。そのときに青森県が受領した苗木は、りんごだけでも、明治7年分として明治8年春に配布された3本を皮切りに、同年秋に75本、9 年秋に230本、計308本でした。明治8年春に配布された3本は県庁構内の圃場に移植され、それ以外は民間に払い下げられました。県庁に植えられたリンゴの品種名や収穫の記録があるかどうかをいろいろと調べているのですが、私にはまったくわかりません。ご存知の方はおられましたら、ご教示願います。

 
 明治8年秋の75本の中の一本が、弘前市相良町の山野茂樹氏邸に植えられ、2年後の、明治10(1877)年に、初めて 3 個だけ結実・収穫することができました。青森県で、西洋リンゴが収穫できたのは、これが初めてのことです。
 その西洋リンゴが、右図のアストラカン・ルージュAstrachan Rouge です。昔からの在来種のワリンゴと比較した下さい。




 明治初期に欧米から導入された品種には、勿論、欧米での名前がついていました。しかし、現在のように横文字に馴染んだ時代ではありませんでしたので、横文字の名前のままでの普及は難しかったようですし、各地に配布された苗木には、ろくに品種名もついていなかったものも多かったので、最初は産地ごとに勝手に名前をつけていました。そのため、かなりの混乱があったようですが、1900(明治33)年の第6回名称選定会までに、Red Astrachanは、紅魁(べにさきがけ)という名前に統一されました。紅魁・Red Astrachanの品種の特徴については、りんご品種説明をご覧ください。

 初めて収穫された果実の重さは、58匁(約218g)、49匁2分(約185g)、39匁(約145g)と記録されています。そのうち39匁の一番小さいものが青森勧業二課に差し出されています。
 
 北斗新聞・青森(明治10年8月19日)は、このことについて、右図のように報じています〈文献
 文面では「山野治三郎ガ受ケシ苹果」となっていますが、苗の受取人が治三郎氏だったのでしょうか。よくわかりません。ご存知の方が居られましたらご指導いただきたいと思います。

 前述のように、当時は日本各地で独自の品種名が付けられていることが多く、、津軽地方では、山野早生と呼ばれていたようです。

 〈文献〉   波多江久吉(青森県りんご協会):日本でのリンゴ栽培技術の歴史
      果樹園芸百科 
2 リンゴ 11ページ    農山漁村文化協会 2000年2月25日